中川翔子が30代になって感じる自身の変化、理想の男性像やスキンケア方法とは

3月26日(月)に放送された「REPROFILE」では、女優、アーティスト、アイドルなどマルチに活躍中の中川翔子さんに登場していただきました!
番組では30代になって変化してきたことやスキンケアで気をつけていること、理想の男性像を語っていただきました!

 


30代になって変わってきたことは?

最近はお酒を飲んだり、今度やるドラマ「デイジー・ラック」の佐々木希さん、徳永えりさん、夏菜さんを家に招いて、ホームパーティーをしました。それを希ちゃんがインスタに載せてくれてバズったんです(笑)

先輩方が言っていた「30代の方が楽しいよ」というのがわかりました。

肉まんを作ったら爆発し、すき焼きをやったら紫に染まらせる「デス料理」を作っていた私がミートパイに「デイジー・ラック」と書いて出したんです。完全にインスタ映えですね(笑)

4人での撮影前に食事をしていたので、緊張せずに、自然体でできていますね。

 


スキンケアで気をつけている事はありますか?

必死ですよ(笑)30歳の時に全身肌荒れしたんです。20代のときに寝ないでアニメを見ていたツケがまわってきて、皮膚科に行ったら「30代のホルモンバランスの乱れです」と言われたんです(笑)

「デイジー・ラック」でお話していたら、女優さん達はちゃんと運動したりパーソナルトレーニングをしていると聞いて、夏菜ちゃんに紹介してもらって運動しています。

自分でジムに行っていた時は続かなかったんですけど、人と約束をするとちゃんと続くんです(笑)

 


ファッションブランドもやってらっしゃるんですよね?

ずっと中野ブロードウェイでお店を出すのが夢で、BEAMSさんと共同プロデュースさせていただいて、この春で5周年目になるんです。
今年のラインナップは猫柄の浴衣や惑星の絵を描いたワンピースなど好き勝手やらせてもらっています(笑)
お店もピンクで可愛いくて、私もふらりと立ち寄って接客しているので是非遊びに来ていただきたいです。

 


挑戦していきたい事などはありますか?

ライトノベルの挿絵を描いてみたいですね(笑)絵を書くのが好きなので、キャラデザインなどをやってみたいです。
あと、シャンソン歌手になるのが夢で、ディナーショーでシャンソンを歌いたいですね。

 


理想の男性像などは変わりましたか?

昔はキックが上手とか、古傷があるなどいっぱいあったんですけど、今は猫に優しくて私のことを引かないで尊敬し合えるいい距離感がいいですね。
見た目は清潔感があればなんでもいいと思いますね。昔はブルース・リーの顔じゃないと嫌だと言っていたんですけど、それはやめました(笑)