観月ありさが語る自身の芸能生活についてや体型維持、スキンケア方法とは

11月18日(土)に放送された「観月ありさのREPROFILE」では女優、モデル、歌手として活躍している観月ありささんに、体型維持のためにしている運動やスキンケア方法、自身の芸能活動などについて、語っていただきました。


美脚大賞の受賞について
美脚大賞なので、“ミニスカートで挑まないと!”と思ったら、私が一番短くて「張り切っている人」と思われてしまいそうで恥ずかしくなってしまいました(笑)
美脚大賞は30歳、40歳と頂いているので、50歳になっても頂けるように頑張りたいですね。


体型維持のためにやっていることは?

体型維持のためにピラティスをやっていて、ピラティスは体幹トレーニングなので、全身が鍛えられてます。
あとは、ジムのルームランナーで走ったりしています。
年齢を重ねていくと筋力を付けながら鍛えて、体型維持をしていないとたるみに繋がってしまうので、運動をするようにしていますね。


スキンケアについて

乾燥させないように気をつけています。
お風呂上がりの濡れた状態で化粧水などを全身に塗って、髪を乾かす時はパックをしています(笑)
10代、20代の頃は全くやっていなかったんですけど、30代から乾燥などが気になり始め、気をつけるようになりました。


芸能活動について

もっと早く引退すると思っていました。
今でも“女優は向いていないんじゃないか”と思うことがありますね。
常に葛藤があって、乗り越えなければいけない壁と戦って、新しいものに進化しなければいけないと思うので、過去の自分は見ずに前だけを向いています。

 


リーディングコンサートとはどのような公演ですか?

リーディングのところは朗読劇、歌のところはコンサートという形でやらせていただいてます。

12月には『座・ALISA Reading Concert 喜歌劇「天国と地獄」 オッフェンバック原作より「12月25日、雪」~天国と地獄~』の公演が決定していて、ゲストに松下由樹さんに出演していただきます。
今回は素敵なキャストの方達に出演して頂けるので、ミュージカル要素を強くしていこうと思っています。

「座・ALISA」は逆にすると「ALISA座」になるんですけど、自分の一座を旗揚げする気持ちで今後も様々なゲストの方と自分の歌とその都度違うストーリーで展開していきたいなと思っています。