佐野ひなこが語る美ボディの作り方や憧れの女性像とは

2017916日(土)に幕張メッセで開催された「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」のシースリー特設ブースで公開収録が行われ、モデル・タレント・女優として大活躍中の佐野ひなこさんに登場していただきました!


美ボディの作り方

私は本当に運動が嫌いなんですよ(笑)
でも水泳は好きなので、食事制限をしたり泳いで有酸素運動をしています。

20歳ぐらいまではガチな水着を着て1kmちょっと泳いだりしていたんですけど、年々代謝が落ちているのを感じていて、体型維持が難しくなってきているのでインナーマッスルをつけようと思い、お家やジムで筋トレをしています。

 


トレーニングを続けるコツ

最初は1分の体幹トレーニングが15秒しか出来なかったんですけど、トレーニングを続けていくと30秒になったりと少しずつ体力がついた自覚ができて、運動は嫌いなんですが最近は楽しくやっています。


無類のお肉好き

一人焼肉をするぐらいお肉が大好きなんですけど、最近は煙が出ない遠赤外線のお肉を焼くプレートを使って、お家でお肉パーティーをやったりして楽しんでいます(笑)
お肉を食べると翌日の体調や代謝が良くなり、運動もしているのでそれが体型を維持する秘訣なのかなって思います。


役作りに対する姿勢

台本をもらって自分で役作りをするときに、“こうやりたいな”と考えたりすることも楽しいですし、自分で考えていた役を監督さんに全然違う指導をされると“負けたくない”と思って自分の意見を言ってディスカッションすることが楽しいです。

 


長セリフを声に出して読む

校閲ガールで石原さとみさんが長いセリフを言っていることに圧倒されて、原作者さんが出している恋愛小説の長セリフを声に出して読んで、石原さとみさんは“どれだけスゴイお芝居をしていたんだろう”と思いながらやっていました(笑)

私だったら“間違えたらどうしよう”というプレッシャーに押しつぶされてしまいそうです。

 

 


憧れの女性像

憧れる人は沢山いるので1人には決められないんですけど、ずっとキラキラ輝いていて、大人になってもオシャレで女性であることを楽しめる魅力的な人になれればいいなと思いますね。