ミューコミプラス


2018.12.05

『ヒマチの嬢王』企画【アノマチ、コノマチの嬢王】


今週から『ヒマチの嬢王』を特集します!

ミューコミプラス水曜日のサポーターは、小学館

今週から特集する作品は、
『ヒマチの嬢王』

★小学館のコミックアプリ「マンガワン」とWEB漫画サイト『裏サンデー』にて連載中。  茅原クレセ先生の作品。

★舞台は、鳥取県米子市朝日町(あさひまち)。
 都会の喧噪に嫌気がさし、実家でグウタラ生活を送る歌舞伎町"元"NO.1キャバ嬢・アヤネ。
実家の「スナック」をしぶしぶ手伝うことになるが、流石は元No.1。
圧倒的な活躍を見せ、店内は飲めや歌えの大騒ぎ。
そんな中、元カレを名乗る同級生ジュンが現れて・・・
「夜の街」での二人の出会いは、朝日町を、米子市を、
ひいては鳥取全体を活性化させる事になる―― ……というストーリー。

★コミックスは、第1巻が、先週11月19日(月)に発売されたばかり!

この『ヒマチの嬢王』を盛り上げるべくお送りする企画が、
『アノマチ、コノマチの嬢王』

地元「朝日町」を、確かな実力と画期的なひらめきで、
「夜の世界」から元気づけている主人公のアヤネ。

そこで!
毎回、お題となる「困りごとのある町」を発表しますので、
リスナーのあなたが、「もしもヒマチの嬢王だったら、どう立ち向かうか?」
を考えてもらうコーナーです。

ちなみに、最新話では、
「焼酎のラベルのデザインに、萌えイラストを描いてもらうはずが、
イラストレーターがドタキャンしてしまった・・・」
という危機的状況に対して、
「目だたせるなら、お酒のラベルに萌えイラストは今や『普通』!
もっと目立たせたいなら、キャバクラ嬢を撮影してラベルにすればいい」
・・・という画期的なアイデアを出しています!

この「ヒマチの嬢王」アヤネに負けないような
斬新なアイデアを考えてください!

第1回目となる、来週のお題は
【お店に、野生のなまはげが入ってくる…】この対策を考えてみてください!

たとえば・・・
★なまはげを飼い慣らして、ボーイとしてお店で働いてもらう。
★なまはげが来た日は、料金20%オフキャンペーンを実施。
★なまはげの来る店として、アド街ック天国に紹介してもらう。


メールの件名に「アノマチ、コノマチの嬢王」と書いて、
mc@allnightnippon.com まで送ってください。

『ヒマチの嬢王』について、詳しくは
小学館のコミックアプリ「マンガワン」
WEB漫画サイト『裏サンデー』 をチェックしてください!

ページトップへ