第54回 「 フランスベッドは日本の会社 」



遂にこの日が来ました。
星野さんが学生時代、通学中に聴いていていた
伝説のラジオ番組「コサキンDEワァオ!」。
そのパーソナリティ、小堺一機さん、関根勤さんをお迎えする回です。

しかも、1時から3時まで、
ほぼぶっ通しでご出演していただけるとの事。

一体どんな放送になるのか…、
スタッフはまったく予想が出来ませんでした。

いつものように、星野さんがニッポン放送に入られた後、
小堺さん、関根さんが入られる前に、
放送作家の鶴間政行さんが
お越しになられました。

というのも…今回番組の名物コーナー「意味ねぇCD大作戦」が復活するにあたり、
「コサキンDEワァオ!」の構成作家でいらっしゃった、
鶴間さんが、コーナー部分の監修をしてくださったのです。
更に、コーナーが始まる時の音楽は、
当時のディレクターである小関さんにご提供していただきました!
「コサキンDEワァオ!」はTBSラジオの番組でしたから、
放送局の垣根を超えたプロジェクトなのです。

いろんな方の「ラジオ愛」によって成り立った
放送だったと思います。
本当にありがとうございます。



番組がスタートし、いきなり、
良い形のおっぱいの話に花が咲きました。
コサキンのお二人に、憧れて影響を受けた星野さんが混じり、
新たに誕生した「コサキンゲン」のトークには
感動もあったように思います。



小堺さん、関根さんの即興コントにも近い、
スピード感あふれるトークと共に、
「豚野郎」のコーナーへ。
小堺さんと関根さんの、生「バカじゃないの」が聞けました。

そして、星野さんの念願だった、
「意味ねぇCD大作戦」の復活!
鶴間さんに、放送作家の舘川範雄さんも参加。
当時と変わらず、ラジオならではの
くだらない爆笑コーナーとなりましたね。
鶴間さんは、「皆さん優秀ですね」と太鼓判を押して
くださいました。



驚いたのは、コサキンのお二人や、星野さんに対する
鶴間さんと舘川さんのリアクション。
「バカじゃないの」とか「笑い声」の
タイミングや声量が素晴らしいのです。
すばらしいラジオのサポート芸をスタッフは
目の当たりにしました。



2時間あっという間。
最後はお約束の「パッフォ~ン」で締めくくり。

小堺さん関根さん、
また星野源のオールナイトニッポンにいらっしゃってください。
星野さん、スタッフ一同お待ちしています!

今週の選曲リストは、こちら
■オマリーの六甲おろし/トーマス・オマリー
■With/小堺一機
■君はトロピカル/中井貴一

文責・放送作家 寺坂
   (何もいう事はありません。もう1回radikoのタイムフリーで聴きます)