銀シャリも驚愕!さらば青春の光・森田の会社経営秘話「国の機関から“ネタ見ました”と言われて…」

2019年12月03日 17:50

 

11月28日(木)夜、お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘と橋本直がパーソナリティを務めるラジオ番組「銀シャリのほくほくマネーラジオ」(ニッポン放送・毎週木曜21時~)が放送され、ゲストに登場したお笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢が、自身が代表取締役を務める芸能事務所の経営について語った。

“お金との新しいお付き合いの仕方を考えていく”という趣旨で送るこの番組では、資産運用の知識がまるでなかった銀シャリの2人が、これまでの放送を通じて少しずつお金について学んできた。そんな中、今回の放送では、株式会社ザ・森東の代表取締役社長でもある、さらば青春の光の森田哲矢をゲストに呼び、経営者である森田と一緒にお金について考えていくことになった。

個人経営ゆえに、入ってきたお金がまるまる貰えて儲かっていると思われがちだが、実際は苦労も多いという森田。最初はお金を借りるために日本政策金融公庫に行き、印象的な面談の末に資金を得ていたことを明かした。

森田:(会社を経営し始めた)最初の頃は、国にお金を借りに行ってましたから。日本政策金融公庫っていうところに。今から頑張っていこうっていう会社にお金を貸してくれる機関で、最初は単独ライブやりたいから、まずその資金がほしいっていう申請を出すんです

鰻:うわ~そんなのがあんねや!

森田:それで、俺と(同じ会社に所属する)マネージャーとで面接に行って。そしたら担当の女の人が来て、「申請ありがとうございました。ネタの方、YouTubeで見させていただきました」と

橋本:そんな審査あんの?(笑)

森田:「昨日、“ぼったくりバー”というネタがアップされていて、非常に面白かったです。あのネタなら、満額降りると思います」って、ほんまにそんなこと言ってくるんですよ

橋本・鰻:あはは(笑)

橋本:テーマが“ぼったくりバー”ってまた…(笑)

森田:「今後はどんなコントを作っていかれるんですか?」とか聞かれて、「そうですね、日常を少しずらしまして、非日常にちょっとこう…」みたいな

橋本:あはは、真面目な顔で(笑) でもそれはそうやな、その仕事をやる事務所やから

森田:それでお金を借りて、月々いくらの返済計画でって話をして。そうやってやってましたね、最初の頃は

会社を始めた当時の苦労について語った森田。ネタを見てもらえたことで資金を手にできたという森田の話を聞いて、橋本と鰻は「俺たちのネタやったらどうなんやろう?」と興味津々の様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「銀シャリのほくほくマネーラジオ」
放送日時:2019年11月28日(木)21時00分~21時30分
パーソナリティ:銀シャリ(鰻和弘・橋本直)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191128210000
番組HP:https://www.1242.com/gaitame/