声優・下野紘、シャンプーを飲んだ?「京まふ 2019」スタート

2019年09月22日 11:10

 

9月21日(土)、「京都国際マンガ・アニメフェア2019」が京都市で開幕した。

「京都国際マンガ・アニメフェア2019」(以下、京まふ)は、西日本最大級のマンガ・アニメのイベントで、2012年にスタート。会場では、漫画・アニメ関連のブースやステージイベントが展開され、今年は9月21日(土)・22日(日)の2日間、メイン会場のみやこめっせと第2会場の京都国際漫画ミュージアム、そして今年は特別会場の東映太秦映画村で開催。

メイン会場隣接のロームシアター京都では、「京まふステージ」と称して様々なイベントプログラムが組まれ、まず10時から「京まふ2019 オープニングセレモニー」が行われた。

式の冒頭では、登壇者、スタッフ、観客の全員で「京都アニメーション放火事件」の犠牲者へ黙祷を捧げた。そして岡田憲和 京都市副市長や、松谷孝征 実行委員長(株式会社手塚プロダクション社長)などによる開会の挨拶が行われた。

セレモニー後半には、京まふ“おこしやす大使”の声優・下野紘が登壇。そして、VTuber / バーチャルライバーグループ「にじさんじ」から樋口楓と本間ひまわりが“おこしやす大使”として登場した。

つづいて、下野の音頭で「京まふ2019 スタート!」の掛け声による“開幕宣言”が行われ、会場が華やぐ中、下野と「にじさんじ」の2人のトークへ。

会場の「キャラカフェコーナー」では、コラボカフェ「にじさんじ おこしやす喫茶」が展開されており、下野&樋口・本間のコラボフード「おこしやす唐揚げ」などの飲食メニューも販売されているが、会場前に下野がカフェへ行き、話題のメニュー「しゅげぇ!江良ちゃん愛用飲めるシャンプー!?」を試飲したことなどでトークが盛り上がり、「オープニングセレモニー」は終了。

「にじさんじ」は、この次のプログラム「『にじさんじ』スペシャルステージ」に続けて出演し、下野は翌日9月22日(日)11時から「TVアニメ『鬼滅の刃』スペシャルステージ」に参加となる。