声優・茅原実里が感動 京アニ最新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』監督からの手紙

2019年09月19日 11:30

 

9月12日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に、映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 −永遠と自動手記人形−』の主題歌を担当している声優の茅原実里が出演し、自ら作詞を手がけた際の裏話を明かした。

TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』長門有希役など数々の人気アニメ作品に出演し、今年で声優デビュー15周年となる茅原実里。9月6日に公開された京都アニメーションの最新映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 −永遠と自動手記人形−』ではエリカ・ブラウン役に加え、歌手としてエンディング主題歌も担当している。

茅原は同作のテレビシリーズでもエンディングテーマを担当しており、作品とは深い関係があるが、そんな茅原が主題歌を作詞する中で監督と行ったやりとりや、その思い入れを語った。

吉田尚記アナウンサー:番組をお聴きのリスナーさんからも、映画の感想が続々と届いていますね

茅原:嬉しいですね。舞台挨拶でも感動して泣いている方が沢山いらっしゃって、もらい泣きしそうになりながら舞台挨拶をしていました

吉田:茅原さんはシンガーとしてエンディング主題歌を歌いながら、劇中では声優としてエリカ・ブラウン役で出ていらっしゃいますよね

茅原:はい。主題歌『エイミー』はこの外伝のために作られた曲で、私が作詞をさせていただいたんですけど、とにかく作品に寄り添って作ろうと心がけました。詞を書くときも、監督の藤田春香さんとディスカッションしながら書いたんです。その過程で藤田監督は、リテイクを全部手書きのお手紙で送ってくださったんですよ。質問やアイデアや温かいメッセージに感動してしまって、この作品のためだけに全力で書く! という気持ちがさらに高まりました

吉田:すごく丁寧なやりとりだったんですね

茅原:この映画を観ていただいてから『エイミー』を聴くと、タイトルがなぜ『エイミー』なのか、1番の一人称が“僕”で2番が“私”になっている意図が全部分かるようになっているんです。なので「観る前と観た後で全然受け取り方が変わりますね」という感想もいただいたりして、ものすごく嬉しかったですし、作品に寄り添い切ったなぁ、という気持ちになりました

吉田:ぜひ劇場で観ていただきたい作品ですね!

また茅原は、映画の公開期間が当初予定していたよりも延長されたことに触れ、「携わった多くのスタッフとキャストの想いが日々伝わっていると感じて嬉しい」と語った。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミューコミプラス」
放送日時:2019年9月12日(木)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190913000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/