人気美声女ユニット『elfin‘』が振り返る、出会った頃に感じた第一印象

2019年05月27日 17:40

 

5月1日(水)、Webラジオ番組「オールナイトニッポンi~elfin’のビューティーボイス放送局~」の第37回が配信され、パーソナリティを務める美声女ユニット『elfin‘』の辻美優、花房里枝が、お互いの第一印象と出会った頃のエピソードを明かした。

elfin’は、2014年に行われた『全日本美声女コンテスト』にてグランプリに選ばれた辻美優と、準グランプリに選ばれた花房里枝に、昨年から小倉舞子と厚地彩花を加えた、4人による“美声女ユニット”。普段はアーティストとして活動しているほか、女優・声優・タレント・モデル・漫画家と、マルチにハイブリッドな活躍を見せている。この『オールナイトニッポンi~elfin’のビューティーボイス放送局~』は、そんなelfin’が楽しいトークを繰り広げていく内容で、毎月1日と15日の月に2回配信していく番組となっている。

2人の出会いは2013年12月頃に開催された『全日本美声女コンテスト予選』まで遡る。花房は当時を懐かしみ、その際に感じた辻の第一印象を語った。

花房:辻さんの第一印象はね、その時も髪が本当にサラサラしていて、なんてお人形さんみたいな人なんだろうって……

辻: 日本人形みたいだって?(笑)

花房: 違う違う(笑)。『こういう娘がコンテストに集まるんだな、勝ち進んでいくんだな』って思ったの

辻: どうしよう、本当にうれしい。私が花ちゃんに感じた第一印象はね、“女の子”っていうイメージがすごく強かったかも。しかも礼儀正しいしね

お互いの第一印象を共有し、盛り上がる2人。続けてコンテスト予選の際に起こったエピソードを明かした。

辻: その時は予選だから本当に初対面だったんだけど、エントリー表に名前を書くみたいな時に……

花房: 紙に書いて写真も撮るんだよね

辻: そうそう、名前を書く時にペンが1本しかなくて、『お先にどうぞ』、『いやいやお先にどうぞ』みたいなやり取りが結構長い時間あったと思う。だからしっかりしているコなんだなっていうイメージだったかな。今でもその印象なんだけどね

花房: とんでもないです。その私たちの10人くらいのグループの中で選んで頂けたのが私とみゆみゆだったので、別室に移動した後にその譲り合いが起きたんだよね

辻: そこからの付き合いなんだもんね。そんなことなかなかないよね(笑)

こうして共に活動を始めるようになってから5年が経った。4月に23歳を迎えた花房にとって、辻と活動している期間は人生のほぼ4分の1を占めているということでなおさら感慨深いものがあるようだ。出会った頃を振り返った2人は「本当に令和もよろしくね」と互いの絆を確かめ合っていた。

このエピソードの全貌は、『オールナイトニッポンi~elfin’のビューティーボイス放送局~』第37回で聴くことが出来る。

<番組概要>
番組名:オールナイトニッポンi~elfin’のビューティーボイス放送局~
パーソナリティ:elfin’(辻美優、花房里枝)
第37回URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_elfin_037