芸人がラジオパーソナリティ権を賭けて競う「お笑い有楽城」10周年特番の裏側

2018年09月11日 11:40

 

9月4日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』に、お笑いコンビ・ペンギンズのアニキとノブオ、ダブルブッキングの川本文太と黒田俊幸の4人が出演し、若手芸人が賞金10万円と深夜ラジオのパーソナリティ件を争う特別番組『お笑い有楽城 10周年スペシャル』収録時の裏話を明かした。

若手芸人11組が毎週土曜日深夜3時から放送のオールナイトニッポンZEROパーソナリティ1回の権利と賞金10万円をかけネタとトークで争う、若手お笑い芸人の登竜門とも言える番組『決戦!お笑い有楽城』が番組開始10周年を迎え、ニッポン放送ではこれを記念して9月15日(土)深夜3時から『お笑い有楽城 10周年スペシャル』を放送する。

すでに収録は終了し、今回ゲストのペンギンズとダブルブッキングも過去に優勝経験があるということでゲスト出演したそうだが、その収録中、出演者たちがザワつく”ある出来事”があったそうだ。

吉田尚記アナ:『お笑い有楽城10周年スペシャル』はTake2の東貴博さんがMCで、マシンガンズ、ラバーガール、いとうあさこ、フォーリンラブ、なすなかにし、三拍子、磁石、あばれる君、モグライダー、湘南デストラーデ、ダブルブッキング、笑撃戦隊、エル・カブキ、ペンギンズといった方達が出演されます

田所あずさ(アシスタント):おおー!!

吉田:総勢30人近くで収録が行われたそうですね。そうった環境でどうやって話をしていくのか気になるのですけど……

ダブルブッキング黒田:でもラジオだから声だけなので、基本芸人さん真面目な方が多いからみんなグチャグチャ喋ったりはしなかったです

ペンギンズ ノブオ:芸歴もある程度いっている方ばっかりだったので、本当に綺麗な収録で終わりました(笑)

黒田:裏話としては、過去のチャンピオンでも今売れちゃってる人は忙しくて来れないんですよ。だから声だけ録って(それを番組内で)流してるって状況だったんですけど、みんな真面目に聴いていたのに、ピスタチオのコメントの時だけ「あいつらは今ヒマだから来れるだろ!」ってザワザワしました

吉田:あはははは(笑)

黒田:あいつらなんで来ないんだろって(笑)

吉田:その辺り、詳しくは9月15日(土)深夜3時からの放送でお聴き頂ければと思います!

白目を剥きながらお互いにやりとりするキャラクターで一斉を風靡したお笑いコンビ・ピスタチオが収録に来なかったことで、なぜ来ないんだと現場がザワついたという裏話を明かしたダブルブッキング黒田。しかしそれ以外は順調に収録は進んだそうで、4人は今回のお笑い有楽城10周年スペシャルを「みんなに聴いて欲しい」とリスナーに呼びかけていた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日時:2018年9月4日(火)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー アシスタント:田所あずさ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180905000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/