【ANN50周年企画】パーソナリティオーディション

新たな時代を担うパーソナリティ発掘のため、プロ・アマ不問のオーディションを実施。

693組の応募の中から選ばれたのはランパンプス! 「オールナイトニッポン0(ZERO)」新パーソナリティ誕生!

2017年03月22日 05:00

 

オールナイトニッポン50周年を記念して、今年1月11日からLINE LIVEと連動して実施した「オールナイトニッポン パーソナリティオーディション」で1組の「オールナイトニッポン0(ZERO)」新パーソナリティが決定した。オーディション枠で693組の応募の中から選考の結果選ばれたのは、お笑い芸人の「ランパンプス」。そして、番組サイドからオファーしたのは、ロックバンド「SUPER BEAVER」のヴォーカル・渋谷龍太。この2組が4月からの「オールナイトニッポン0(ZERO)」レギュラー陣に加わる。

4月3日(月)から「オールナイトニッポン0(ZERO)」月曜担当になる「ランパンプス」は、寺内ゆうきと小林良行のコンビ。2010年に結成され、2011年4月にデビューした。保育士から高校教師までの免許を持つ寺内に対し、男前ランキング上位常連のルックスを持つ小林が毒気交じりのツッコミを放つ。

オーディションの合格を受け、小林良行は「喜びとプレッシャーでブチ壊れそうですが、リスナーの皆様と一緒に楽しめるラジオに出来るよう頑張ります!!」、寺内ゆうきは「ANN史上最もダークホース。オーディションで選んでくれたニッポン放送さんに感謝して、青少年と保護者に優しいノークレームラジオを目指します。」と意気込みを語っている。

また、4月6日から「オールナイトニッポン0(ZERO)木曜担当になる渋谷龍太は、2005年結成の東京出身の4人組ロックバンド「SUPER BEAVER」のヴォーカルで、1987年生まれの現在29歳。

メジャーデビューから自主レーベル設立まで様々な経験をしつつも、2016年6月1日にリリースしたフルアルバム「27」は、オリコン初登場10位を記録。タイトル曲「27」は、坂口健太郎・miwa主演の映画「君と100回目の恋」の挿入歌にも起用された。バンド自体も「主人公が憧れるバンド」として映画に登場している。

小さい頃から読書が趣味で、渋谷自身で書き下ろした小説「都会のラクダ」はDVDとのセット「未来の続けかた」に同梱。オリコンDVD音楽ランキングで初登場1位を獲得。4月30日には、日比谷野外音楽堂でワンマンライブを実施する。

渋谷龍太は「抜擢して頂いて光栄です。人格、個性、人柄を意味してパーソナリティと呼称します。なにせ”新”パーソナリティですから。ヒリヒリしますね。任命して頂いた心意気に添える様、しっかりやりますのでヨロシクお願い致します。ぃえあ。」と意気込みを語っている。

番組名:「ランパンプスのオールナイトニッポン0(ZERO)」
パーソナリティ:ランパンプス(小林良行・寺内ゆうき)
初回放送日:4月3日(月)27時~
選考理由:真面目な小林と毒のある寺内、両者の対比が面接の時にも際立っており、二人なら深夜3時の生放送に、新たな風を吹き込んでくれると感じたので、起用しました。

番組名:「渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」
パーソナリティ:渋谷龍太
初回放送日:4月6日(木)27時~
選考理由:楽曲と本人のトークから「真っ直ぐ」という印象を強く受けました。眠れない10代のリスナーに対し、真正面から向き合ってくれると思い、お願いしました。