ミューコミプラス

  • カミングスーン

  • カミングスーン

  • 小学館

  • アニマックス


2020.03.16

マンガ大賞2020!ブルーピリオドの山口つばさ先生生登場!

【今日のミュ~コミ+プラス】
本日のゲストはマンガ大賞受賞『ブルーピリオド』の山口つばさ先生

今回の放送のおよそ9時間前に、マンガ大賞2020の発表がありました!
この1年を通して漫画読みたちがガチでおススメしたい漫画を決める大賞。今年で13年目となるこの賞の発起人はなんとよっぴー!
にっちやん「えー!!?!?!?(初耳)」
ということもあって、大賞を受賞した山口先生にスタジオへ来てくださいました!!!!
※受賞の様子はこんな感じ・・・けっこうすごいやつです・・・

改めて・・・
マンガ大賞2020の受賞おめでとうございます!!!!!
山口先生「ありがとうございます……!」

そんな山口先生がスタジオ入ってきて最初に口にしたのは、にっちやんを見て「やばい…かわいい……ッ(震え声)」!!
実は山口先生、ZOCも追いかけているし、にっちやん個人でやっている踊ってみたなども見ていたそうなんです!!
にっちやん「えっえっうれしい!ガチやん!?」

思わぬところで思わぬ出会いがあったわけですが、山口先生もファンであるにっちやんは受賞作である『ブルーピリオド』読んでいます!
にっちやん「読んだ読んだ。けっこうジンときてる。でも、読んだんだけど・・・」
その手には読み進めているブルーピリオド1巻と、未開封の1巻のふたつ。
謎の未開封はというと、このスタジオに入る直前に入り待ちをしていたオタクから「今日のゲストさんのマンガだから、これを自分が買ったことにして読みなさい!」と渡されたものだとか!!
にっちやんのことを心配したオタクのかいがいしさよ・・・。
いい話なのかよくわかりませんが、実際に『ブルーピリオド』を読んだにっちやんは、感動したセリフを自分用に写真に撮ったりしていました!
山口先生「え・・・!!」
にっちやん「ほんと名言ばかりだった!名言集やんっって感じ」

例えば、主人公が絵を描き始めた頃のシーンで、美術部の先輩から「あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎも青でいいんだよ」という場面!
にっちやんはそこをみて「なるほど!絵を描きてえ・・・!」と思ったそうです!

そんな『ブルーピリオド』とは・・・
スクールカースト上位者なのに、誰にでも分け隔てなく優しく勉強もできるタイプのインテリヤンキー矢口八虎。
何でもそこそこできるし人生楽しそうに見える八虎。他人から見えない所では常に努力をしているし周囲を見ているが、その内面は自分自身が熱くなれるものに出会えていない空虚なものだった。
そんな八虎がある日、早朝の渋谷を見て「青いな」と思う。そしてその気持ちをそのまま「青色で描いていいんだ」と知り、絵を描くことへの興味を持つ。
その興味は次第に、東京藝大を本気で目指すものへと変化していき……。
という青春マンガ!

青春ドラマとしても気持ちが入るうえに、山口先生が実際に東京藝大油絵科の卒業生ということもあり、「絵」の世界をどの教科書よりも深くわかりやすく知ることができるのがブルーピリオド!
この漫画の冒頭は、“ピカソの良さがわからない”というモノローグからはじまるのですが、にっちやんもそこを読んで“それなー!”と思ったことからすんなり物語を読み進めることができたそうです。
山口先生自身、今になって実物を見るとピカソの絵ってエネルギーだな!と思うけど中学高校の時にはよくわからなかったとか。
そんな実体験もありつつ、絵を描くことで変化が起こるとしたら“こんなひとつのきっかけもあるんじゃないかな”という意味もあって描いたところだそうです。

授賞式でも言われていましたが、山口先生曰く『ブルーピリオド』は『芸術を舞台にしたスポ根モノ』。
寝ずに何枚も絵を描いたり、悩んで悩んで悩み抜いて自分の描きたいものに出会ったり、重い画材を運ぶのに階段を何段も登らなくてはいけなかったり、それぞれ登場人物がお気に入りのエネルギー補給方法を持っていたり・・・時に生々しいくらいの美大受験が描かれています。
登場キャラクターも個性的な人物が多く型にはまらない行動を起こすこともあるのですが、東京藝大出身の山口先生はというと・・・
山口先生「そんなに変わってないんですけど、油絵科の学校の課題の提出を毎回マンガで提出していましたね」
なんと、卒業制作もマンガだったとか!
“そんなこと許されるの!?”って思うところですが、「卒業制作でマンガを出そうか悩んでるんですけど・・・」と当時の教授に相談したら「30年前にもいたから今更だよ」あっさりOKだったそうです。
「30年前にもそういう人がいた」のも驚きですし「それから30年誰もそんな人がいなかった」のもまた驚きですし「今更だよ」という認め方も含めて全部驚きなんですけど!!!

そんなこんなで油絵科でマンガを描き続けていた山口先生。
元々絵を描くことは好きだったそうですが、漫画家になりたいと思い始めたのは大学に入学してからだとか!
山口先生「漫画家になるとか将来の夢を保留にして、大学合格だけを目標にしていたので大学に入ってからやりたいことなくなっちゃって…。とりあえずマンガ好きだったのでマンガを描いてるうちにだんだん楽しくなってきて、本格的に漫画家になろう、と。」

やることがなくなった時に最初に思いつくのがマンガだったように、けっこうオタク気質な山口先生!
『ブルーピリオド』は芸術モノなので“気難しい方なのかな…”と思われることが多いそうですが、山口先生はマンガもアイドルもVtuber も大好きだとか!!
特にアイドルでは、ももいろクローバーZが大好きで現場に行ったりとかしているそうです!
『ブルーピリオド』を読んでいても、好きなことを一番に考えて全力でやっているからこその「無敵感」と「焦燥感」がかなりリアルに描かれています。
そのリアルさはやはり山口先生自身がオタク気質を持っているからなのかもしれません・・・!

最後に山口先生からにっちやんへひとつ質問をするとしたら・・・
山口先生「にっちやんにとっての、天才の定義って・・・」
にっちやん「天才の定義?むずかしい質問ですね。 でも私、けっこう天才って言われるのね??学生の時にもよく言われてたの。だから、みんな人生で100回くらい言われてるもんだと思ってた。」
一翔剣「これが天才か・・・・!!!」
山口先生「すごいですね・・・!」
にっちやん「だって、何が?って思っちゃうんだけど。私思わないよ全然。逆にこういうマンガを書けないから、すごいと思う。」
山口先生「えぇ〜〜〜・・・ないものねだりなんですかね?」
にっちやん「ないものねだりだね」

ちなみに『ブルーピリオド』の主人公・八虎は自分を凡人だと認め、戦略的に物事を積み重ねていけるタイプ。
その要素は山口先生自身も似ているところがあるそうです。
山口先生「やっぱり数の力ってあるのかな…とは思います。出来なかったらやるしかないし・・・」
先生は、自分の努力の話をするのは恥ずかしいし面白くない話だと言っていましたが、そうやって努力を積み重ねられるのもまたひとつの才能!
いろんな形の才能がぶつかり合う『ブルーピリオド』を気になったという方は、まずは6巻まで一気に読んでみてください!!!!!


_____________________________
《『ブルーピリオド』からのお知らせ》

◆3月23日『ブルーピリオド』第7巻発売 (現在第6巻まで発売中)
その他、詳しい情報はコチラ


_____________________________
12:53からはこちらを放送中! 【香椎かてぃの喫煙所探訪】
・ZOC香椎かてぃさんの趣味・喫煙所巡りをラジオ化!
毎回様々な喫煙所で喫煙し、その使い心地や喫煙所にいる方たちと交流をしていく番組!
・本来まるっと流すんですが、ツッコミどころがあまりにも多いのでスタジオの一翔剣とにっちやんが気になった所で止めてツッコむスタイルでやってます。
・前回はレコーディングスタジオでの喫煙所からスタート。
謎の人物からタバコのカプセルについて教えられていましたが、今回の放送でその男性がZOCのマネージャーさんだと発覚! マネージャーさんから見て、ZOCのメンバーそれぞれの印象とは・・・?

・詳しくはコチラ
のラジコタイムフリーから!
_____________________________
《今後のゲスト!!》

3月17日(火)PENGUIN RESEARCH
アシスタントは田所あずさちゃん
3月18日(水)H△G
アシスタントはCROWN POPの三田美吹ちゃん
3月19日(木)寺島拓篤さん

ゲストさんへの質問メールなども24時間受付中!!
キミの住所・氏名・年齢・電話番号を忘れずに!

宛先はコチラ
mc@allnightnippon.com

_____________________________
《 今夜のオンエア♪ 》


♪   栞  /  クリープハイプ



_____________________________
【番組へのメッセージの宛先】

Twitterでは月曜~木曜・夜22時からメッセージを募集しています
ハッシュタグ「#ミューコミプラス」を付けてつぶやいてください!
番組公式アカウント@mc1242のフォローもよろしくお願いします!
メールではmc@allnightnippon.comまで!
月曜~木曜夜24時からのミューコミプラスをお楽しみに!!

------------------------------------------------
【ミュ~コミ+プラスの聴き方♪】

ラジオを聴くと、これから流行るアーティストや、
お気に入りの音楽など、知らなかった世界との出会いがあるかも!

今はラジオがスマホやPCでも聴ける時代!
キミも好きな方法でラジオを聴いてみよう~!

■ [スマホで聴く場合]
<首都圏・北海道の方>
・下記の"radiko"のアプリをダウンロードして、そこから"ニッポン放送(首都圏)" または "STVラジオ(北海道)"に合わせてください。
 http://radiko.jp

<首都圏・北海道以外の方>
・全国のラジオ局が聴けるようになるラジコプレミアム(月額税抜き350円)にて、“エリアフリー”のご利用が必要となります。
 radikoエリアフリーについてはコチラ!
 http://radiko.jp/rg/premium

■ [PCで聴く場合]
<首都圏・北海道の方>
・「radiko(ラジコ)」“radiko.jp”のサイトを開いて、
 放送局『ニッポン放送(首都圏)』もしくは『STVラジオ(北海道)』を選んでください。
 (※関東地方・北海道地方以外の方は『radikoプレミアム[月額350円(税抜き)]』に登録する事により聴くことができます)

※またradikoでは【タイムフリー機能】 もあります。
 聴き逃してしまったり、夜中だと聴けない!という方も、1週間以内であればその放送が聞けてしまう機能!
 ただし「再生は1回のみ」
 1度再生すると「聴取可能時間が3時間」と限られていますので、時間に余裕がある時にご利用ください。

※ちなみに本日の放送は"コチラ"から!

■[ラジオ・コンポで聴く場合]
・首都圏の方は、"AM"なら「1242」に、“FM”なら「93.0」に周波数を合わせてください。
 (※AM、FM、どちらでも聴くことが出来ますので、電波状況などでお好きな方をお選び下さい)
・北海道の方は『STVラジオ』で聴くことが出来ます。
 (※各エリアの周波数については下記の一覧にてチェックしてみて下さい)
 STVラジオ周波数一覧

・それ以外の地域の方は、上記のラジコプレミアムにてお聴き下さい。

あとは月曜~木曜深夜24時に聴くだけ♪
勉強しながら、Twitterで番組に参加しながら…など自由なスタイルで聴いてみてください!

ページトップへ