福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2022年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
5年モノ
11月27日 5年モノ
魂ラジスタッフの「5年モノ」vol.4 プロデューサー 節丸雅矛
今から5年前の2001年10月17日(水)。
僕のすぐ目の前で福山雅治が「友よ」をギター弾き語りで歌っていた。
場所は渋谷某所。かつて上京してきた福山さんが新人俳優や若手マネージャーと共に東京生活をスタートさせた下宿だった場所。
レギュラー番組の「魂ラジ」とは違うスペシャル番組がその意義深い場所から生放送されているその真っ最中。
番組は今エンディングに差し掛かり、福山さんによって「友よ」が歌われている。
僕、節丸はディレクターとして福山さんの真正面にいて曲に聞き入る。
「友よ」・・・福山さんの放つことばは僕の心を深くえぐり僕はその衝撃に茫然とする。

その当時の僕は36歳。バツイチ独身。

『いくつもの出逢いに いくつもの別れが 
              訪れて繰り返して 笑顔を忘れそうで・・・』

そう、それなりの苦い別れも経験し、笑顔を忘れそうな気持ちを隠し、オトナの顔をして仕事に邁進する。
それが36歳の僕。

ニッポン放送の夜帯の改編、横浜アリーナでのイベントライブ。押し寄せる波のような仕事を必死で乗り切っていたあのころ。
職住接近。すぐに仕事に飛び出せるように都会のど真ん中、南青山のワンルームに住み、夜な夜な西麻布や六本木で番組出演者と「打ち合せ」と称する飲み会で盛り上がる。
まさに世の中でいう“ギョーカイ人”そのもの。
深夜帰宅すれば寝床に倒れこみ、目覚まし時計に脅迫されるように飛び起きシャワーを浴び、出社して会議室に飛び込む。
忙しさのあまり、僕の脳ミソの中は電球が点灯しっ放しのような状態で、今が夜であるのか昼であるのか分からないほどに神経は痺れて麻痺していた。

そんな日々の中で、ときどきふと、どうしようもない空しさと不安が襲ってくることがある。
そんなときは携帯を取り出しメモリーから適当な知り合いを探し出しては電話をかけ、誘い出して飲むことで気を紛らわせようとしていた。

『どれだけの疑問と どれだけの答えが 
              渦まいて 蠢いて 自分を無くしそうで・・・』

「友よ」の歌詞が僕の中にコップからあふれる水のごとく流れ込む。
僕は自分自身のことを回想していた。
無我夢中で走りぬけた20代。
でも30を超え、同じペースで走り続けながらも、どこかでモチベーションを失っていた僕は福山さんの歌声で正気に戻ったのだ。

『友よ走れるか 風のような街を 
熱い鼓動を感じるか いまもまだ』

僕はそのときはっきりと理解したのだ。
20代と同じ熱い気持ちで走り続けるには20代のときと同じではいけないのだと。
同じでいるためには変わり続けなければいけないということを。

『友よ走れるか?』

福山さんが目の前で生演奏している「友よ」はそう投げかけて曲を結んだ。

僕はそのあといくつかの決心をした。

「わたしひとりを幸せにできないくせに、ラジオを聞いている人を幸せになんか出来るはずないんじゃないの?」
と僕に投げかけてくれた女性と結婚すること。

そして、その女性を幸せにしなければいけない自分自身を大切にするために、長年吸っていた煙草を止めること。

そして5年が過ぎた。
僕はいまだに結婚生活を続けているし煙草も止めたままだ。

福山雅治は今も走り続けている。
そして、その傍で僕も走り続ける。5年たった今、41歳なりの走り方で。

魂のラジオプロデューサー 節丸 雅矛(ニッポン放送)
投稿時間:2006-11-27 19:09:28
 
11月27日 5年モノ
ゆりえ(17歳)
私の5年モノは「琴」です。
5年前初めて琴を触った私ですが、箏曲部でひたすら練習し続け、先日琴の県大会で最優秀賞を受賞して、全国大会に進めることになりました!
全国でも入賞を目指して頑張りたいと思います!
ゆりえ(17歳)
投稿時間:2006-11-27 19:08:08
 
11月27日 5年モノ
かおり(37歳)
私の5年モノは、仕事に復帰したことです。
薬剤師だった私は妊娠を機に仕事を辞め、8年間専業主婦をしていましたが、もう一度あの場所へ戻りたい、とずっと思っていました。
そんな時、ましゃの「BEAUTIFUL DAY」を聴いて、仕事への復帰を決意しました。
少しずつ顔馴染みの患者さんも増えてきて、今は毎日楽しい日々を送っています。
かおり(37歳)
投稿時間:2006-11-27 19:07:40
 
11月27日 5年モノ
ハルナ(19歳)
私の5年モノは、「家族の絆」です。
両親は私が幼い頃に離婚し、中学生になった頃、突然父が会いに来てくれていまさら、と思う反面嬉しかったことを覚えています。
それから5年経ち、私は来年成人式を迎えます。
5年という月日が流れ、今だからこそ多くのことに向き合えるようになったように思います。
ハルナ(19歳)
投稿時間:2006-11-27 19:07:25
 
11月27日 5年モノ
ハタユウ(17歳)
僕の5年モノは「国際交流」です。
5年前、ニューヨークに行ったばかりの頃は挨拶くらいしか話すことができなかった僕ですが、クラスの友達に勇気を出して話しかけてみると「一緒に遊ぼう」と言ってくれました。
日本に帰ってきた今も、異国の地で経験した国際交流をこれからも続けたいという思いで英語の勉強を頑張っています。
ハタユウ(17歳)
投稿時間:2006-11-27 19:07:11
 
新しい方へ 古い方へ
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.