福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
5月31日 魂ラジレポート
独居中年・福山雅治
F「今日が5月29日で6月入りますから、もう1年の半分を過ぎようとしている。人生も折り返し地点をとうに越えたという状態ですよ。」

今年は『龍馬伝』の撮影、CM撮影、曲作り、と毎日大忙しの福山さんは、5月最後の放送を迎え、時の流れの早さになんだか感慨深げなご様子。そして、バカボンのパパと同い年の41歳にして人生の儚さも悟り始めているようです。

F「この勢いで過ごしたら80ってすぐじゃない?荘ちゃん。」
S「60じゃなくて80ですか?」
F「60ってもう見据えてるでしょ?」
S「軽く50代に入った気持ちでいますからね。」
F「でしょ?わかる。俺もそうだもん。」
S「そろそろ四十肩、五十肩とかになるんだろうなーみたいな。軟骨もすり減ってくるからヒアルロン酸注射打った方がいいかな、とか。」
F「そっち?そっちじゃなく、人生設計とか。」
S「はぁ〜、考えてらっしゃいますね。」
F「いやいや、だって俺フリーターだもん。」
S「私もそうですけどね。でも、定年っていうのがないじゃないですか。」
F「そこにはだってさ、一応退職金だとか年金が。まぁ、俺たちも年金は。」
S「年金は65からもらえるんでしょ?」
F「払ってるよ。俺、払ってるよ!払ってるよ!払ってるよ!」
S「いや、払ってないとは言ってないですよ(笑)」

F「もらえるのかなぁ?年金。」
と、福山さんがいつも気にしている健康のこと以上に人生設計について考え始めたのは、一人暮らしゆえの不安や寂しさに改めて直面した出来事があったからなんだそうです。

F「この前さ、仕事が夕方からだった日があって、ちょっと早い時間に目が覚めたから、一人で買い物に出掛けてたのよ。いつもは仕事の1時間くらい前にマネージャーが連絡くれるんだけど、『夕方からだから別にその時間にいればいいや』と思って、携帯も気にしてなかったわけ。で、『仕事何時からだっけ?』と思って携帯見たら、いつもの1時間前のコールからものすごい大量の着信履歴が残ってるわけ。」
S「はぁ、それ私この前『トクだね!』で取材したんですけど、独居中年ですよ。私は独居老人を取材したんですけどね。」
F「石田くん(※マネージャーさん)はそのとき、『死んだ。ついに死んだ…。』と思ったらしい。」
S「私が取材した方はアパートに一人暮らしの83歳の方で、息子さんから週に2回電話かかってくるんですけど、いつも7時に電話かかってくるのにお風呂入ってたりして1回電話取らなかっただけで警察がいきなり来たんですって。息子さんは何かあったと思って、すぐ警察に電話して。」
F「週に2回だからダメなんじゃない?毎日電話した方がいいよね。」
S「まあね。でも、家にもいない、携帯も出ないとなると。」
F「石田くんは『携帯に出ない。今までこんなことはなかった…。』と。」
S「『家にもいない。これは完全に死んだ。』と(笑)」

自宅でもしものことがあったとき、マネージャーさんから仕事の電話がかかってくるまで誰にも気づかれないかもしれない、と不安がる独居中年の福山さん。
しかも、アミューズが上場企業になったという大人の事情で、休日にマネージャーさんと一緒にお買い物に行ったりすることができなくなってしまったんだとか。

S「でも、一人暮らしだったら調子悪いときはご飯も作れないし。」
F「そうなんだよね。俺でさえそうなんだから、世の中にはもっと寂しい人がいるんですよ。僕は無類の寂しがり屋ですから、これだけ周りにサポートされてるのに寂しいわけです。」
S「何かあれば周りのマネージャーさんたちが世話焼いてくれますからね。」
F「そう、してくれるんです。もちろん全然してくれてるんです。僕は世界の中でも相当優遇されてるんですよ、きっと。」
S「今、なんか心が折れそうになってるんですか?なんか寂しいの?(笑)」
F「いつも夕暮れ時は寂しいの(笑)」
S「毎日寂しいの?大変ですねぇ。でも、マネージャーさんも何人かいるし、いつも何かしら人がいるわけじゃないですか。」
F「でも、彼らにも彼らの暮らしがある。だから、日曜日の夕暮れとか超寂しいんだよね。日曜日の夕方はね、『笑点』『サザエさん』『龍馬伝』みたいな(笑)」
S「でも、今『龍馬伝』もかなり寂しい感じになってますから。」
F「だからね、『龍馬伝』見るの辛いね。最近。なんかもう『イッテQ!』見そうになるぐらい。」
S「ダメダメダメ!」
F「見てないよ!(笑)そんな中で作った新曲『少年』、ダウンロードしてくれましたか?お前ら。」
S「ダウンロードしてくれないともっと寂しくなるから、国王が。」

みなさん、ちゃんとダウンロードしてくださいましたか?
独居中年の福山さんが、『龍馬伝』を見れなくなるほど寂しい日々の中で作った新曲ですよ。
今月28日から着うたのダウンロードが始まり、東芝REGZAさんの新CMでも流れているので是非チェックしてくださいね(^^♪

そして、忘れてはならないのが東芝REGZAさんと魂ラジの新たなコラボ企画“GREAT JOURNEY”
なんと、今回はLED REGZA 42型を1名様にプレゼントいたします☆

でも、新技術満載の素晴らしいTV、しかも大きめの42型をタダで差し上げるわけにはいきません…。
今回もテーマに沿ったメール・お葉書を投稿していただくことがエントリーの条件となります!

テーマはもちろん、“GREAT JOURNEY”
あなたの旅のエピソードを教えてください。修学旅行の思い出、一人旅の思い出、初めての海外旅行の思い出、新婚旅行の思い出、何でも結構です。
そして、今回もどなたでもエントリーができるように間口を広げてお待ちしております。「旅に関するエピソードなんてない…」という方も、これからしてみたい旅の計画、GREATな話、すべらない話などを添えてエントリーしてくださいね。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

お名前、おところ、お電話番号をお忘れなく!たくさんのご応募お待ちしております(^^)
それでは、早くもエントリーしてくださった方のメールをご紹介いたします。

○ラジオネーム:まきさん(青森県・26歳)
「私がバスガイド1年目のときの思い出です。修学旅行の仕事につき、担当するクラスの子と仲良くなって、女の子とは番号交換をしました。お別れの日、「クラスの誰が一番かっこいいと思う?」と聞かれ、「ん〜、あの子かな?」と気になった坊主の子を答え、お別れした直後、女の子から「さっきの子の連絡先だよ!」とメールが。びっくりしましたが、好きなタイプだったし、その男の子とメールをするように。半年経ち、「気になる存在ではあるけど遠すぎるし…」と思っているうちに私が携帯電話を水没。連絡先も分からなくなって諦めかけていたときに、甲子園で彼の学校と私の県の代表校が対戦することに。私は代表校の応援バスの添乗の仕事につき、甲子園の駐車場のバスの前でお客様を待っていると、あのときの女の子が私に気づいて声をかけてくれました。そこでまた女の子と連絡先を交換し、数日後、女の子からのメールに彼の連絡先が載っていて、すぐ連絡。彼も「いきなり連絡がとれなくなったから嫌われたと思っていた…。」とのこと。それからは毎日連絡をとり、彼からの告白で付き合うことになりました。17歳の高校生と19歳の社会人、青森と岡山の遠距離。うまくいく可能性のほうが低いと思っていましたが、彼と付き合って8年目の今年の記念日に入籍が決まりました。これが今までの旅の最高の思い出です。」

S「高校生のときなんて、2歳上っていっても社会人だからめちゃくちゃ上に見えますよ。」
F「2歳上の社会人、しかも高校生から見たらバスガイドさんっていったら、『何でも知ってる』って思っちゃうよね。」
S「妄想では性の対象にしてるぐらいの。」
F「『すっごいもう色々なこと知ってるんだろうな〜』と思っちゃうよね(笑)」
S「でも、それから8年付き合って結婚!いい話。」
F「おめでとうございます!エントリー完了!」

○ラジオネーム:なーさん(愛知県・23歳)
「旅の思い出がないので、今年の夏のグレートな計画を書きます!私の家では海に行く習慣がなく、最後に海に行ったのは早12年前。まだ結婚してないし、彼氏もいないので、今年の夏は海に行こうと思ってます。おっぱいをぷるんぷるん揺らして男たちを釘付けにする計画です(笑)ビキニもスーパーパットも買いました!おっぱいを少しでも大きく、形良くするために胸筋を鍛えています。夏が楽しみでーす♪」

S「なるほど、スーパーパットなんて邪悪なものがあるわけですか。」
F「そういう下駄はかすようなものが!」
S「男性からしたら撒餌みたいなもんですよ。寄ってきますよね、これは。」
F「そうですよ。頑張ってください。エントリー完了です!」

第1回目の抽選会は6月末を予定しておりますので、みなさん奮ってエントリーしてください!

明日は、日本中が夫婦愛に涙した『龍馬伝』第21話についてお届けします。
お楽しみに☆
投稿時間:2010-05-31 21:47:42
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.