福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
5月28日 スタッフ日誌
「国民投票結果発表&放送予告★」
ゲストの奥貫さんと福山さんの同窓会トークがリスナーのみなさんを癒した前回の放送。
奥貫さん、本当に素敵な女性でした。
福山さんのちょっと違った一面も垣間見ることが出来、なかなかのご好評を頂きました。
というわけで、今回は同窓会に関するこんな質問!

【あなたは同窓会ラブの経験ありますか?】

選択肢はこの4つです!

・同窓会ラブ、現在進行中です!
・同窓会を機に、恋愛を始めた経験があります。
・・・・実はこっそり、次の同窓会を狙ってます!
・その他

結果はこのようになりました!

第1位 その他(663票)
第2位 ・・・実はこっそり、次の同窓会を狙ってます!(220票)
第3位 同窓会を機に、恋愛を始めた経験があります。(82票)
第4位 同窓会ラブ、現在進行中です!(35票)

たくさんの投票ありがとうございました。

それでは第1位の「その他」を選んだ方のメールをご紹介。

○ラジオネーム:ともこ(福岡県 43歳)
今週の国民投票は「その他」に1票です。
私12〜13年前、高校の同窓会で「高校生の時、実は好きだった」と告白されました。
斜め前に座っていた男子が
「俺、お前の事好きやったっちゃ〜
同じ電車になったらドキドキしよったんよ」って言ったら
隣に座ってた男子が
「お前もか!俺も好きやったんよ〜」って二人で握手なんかしたりして。
そうしたら、向かいに座っていた男子も「実は俺もなんよ・・・」って。
私、同時に3人から告白されてしまいました♪
そのうち2人は、私もなんとなく「いいな〜」と思ってた人だったので
もう舞い上がってしまって、全身から汗が噴きだして
「もっと早く言ってくれれば良かったのに〜。今日寝られんかもしれ〜ん」って
あたふたしてしまいました。
そのあと主人が迎えに来てくれて、それっきり会っていませんが
もし迎えに来なかったら「同窓会ラブ」してたのかな〜
いやいや、たとえ2次会に行ってたとしても何もなかったと思います。

○ラジオネーム:なつみ(埼玉県 18歳)
今回の国民投票、わたしは【その他】に一票です。
私の卒業した学校は一度も同窓会をしたことがなく、
また、今のところする予定もありません。
春から医療工学を学ぶため大学に進学したので、周りは男男男の毎日!!
高校3年間男子と話す機会がなかったため、終始緊張&ドキドキしっぱなし!
同窓会ラブを狙うより、とりあえず今は男子と仲良くなれるように頑張りたいです(笑)

○ラジオネーム:まい(神奈川県 23歳)
私は今週の国民投票は、「その他」に入れました。
というのも、中学の同窓会で元彼と再開し、
後日夜景を見たりご飯を食べに行ったりしたのですが、
残念ながら次には続かず、その時はそれで終わってしまいました。
それでも二人で会ってる時は、中学時代の様な甘酸っぱさと大人な時間が
混ざり合ってドキドキしました。
なので私の中では「出来る事ならもう一回付き合えたらいいな。」なんて気持ちが
無きにしもあらずで、向こうも同じ気持ちだったら良いな、
なーんて考えていたのですが、残念ながらうまくはいきませんでした。
それから時が経ちましたが、今でもなぜかその元彼とは、
定期的にメールのやりとりをしています。
そしていつも「今度飲みに行こうよ」なんて話をしているので、
本当に飲みに行った時には今度こそ何かが起こるのか!?
私はただの友達なのか!?なんて思ったりしてしまいます(^^;
もし何かが起こったら、時間差ラブ・アゲインですね(笑)少し期待してしまいます。

続いて第2位の「・・・実はこっそり、次の同窓会を狙ってます!」を選んだ方の
メールをご紹介。

○ラジオネーム:りょん(茨城県 39歳)
今週の国民投票、私は『・・・実はこっそり、次の同窓会を狙ってます!』に投票しました。
今年の3月、高校を卒業して20年になりました。
夏に、記念同窓会を開催することになっています。
私の母校は1学年が10クラスもあるマンモス校だったんです。
だから生徒数も約460人とかなり多いんです。
同窓会に参加してくれるのはほんのわずかだと思いますが、
そのわずかな中で狙ってます。( ̄ー+ ̄)ニヤリ
でもみんないい年。。。
ターゲットになるような人はいるのでしょうか。。。
同級生は『いけない恋でもいいじゃない!途中で抜け出しても怒らないからね』なんて
言っていますが(苦笑)
まずは夏に向けて、自分磨きをしなくちゃ〜♪フフフ

○ラジオネーム:群馬のお龍(群馬県)
次の同窓会狙ってます。に投票しました。
私が彼に初めて気付いたのは高校一年の冬の球技大会。
彼はバスケット部のセンター、ひたすらボールを見つめるまなざしに
ビビッ!と反応 目が離せなくなりました。音楽部の部室から見える体育館の出入り口
タオルを肩に休憩に出てくる彼を待ったものです。
私の胸キュンの思いは、隠さなかったこともあり学年450人中女子が50人の高校
で周知の事実となりました。思いは伝わるもので
電話をし合ったり、一緒に下校する仲になったのですが
部活のチームワークを乱す・受験勉強・浪人の身・云々の理由で会うのも年に数回
大学時代はズーと放っとかれ就職した頃には二人の気持ちに温度差があったと諦めました。
時が流れ私が夫と交際していた頃
彼が自分の縁談話にあたり、私と会いたがっていると友人を通しての誘いに私は
「後ろは 振り向かない」と即答してました。
再び時が流れに流れて高校卒業以来30年目の同窓会。
私は幹事に名を連ねている彼と会うために胸をときめかせ出席しました。のに 
彼は外見どころか中身も同じでした。お互いの取り巻きに遮られ存在を確認するの
がやっとで写真もしっかり離れてました。
後から聞いたのですが、その時「彼と私に話しをさせる会」があったとか。
彼は九州男児。私九州の男はよく解かりません。
次の同窓会、私の取り巻きを縫って彼が私の前に進み出てくれれば皆遠慮するはずです。
「私には彼しか見えないこと」皆よく知っていますから。
そしたら、二人だけで話はきっと尽きません。
でも次の同窓会は還暦の年なんてことに!まっ!それもありです。

続いて第3位の「同窓会を機に、恋愛を始めた経験があります。」を選んだ方の
メールをご紹介。

○ラジオネーム:ぽち(千葉県 43歳)
お恥ずかしながら『同窓会を機に、恋愛を始めた経験があります。』に1票です。
「始めた」というよりは「再開した」といった方がいいでしょうか。
結婚しようと言っていた彼と別れて約10年、お互い別の人と結婚し子どもも
生まれてからの再会でした。
大学時代からの付き合いだった彼とは、共通の友人もいっぱい。
その友人達に互いが来ることは隠して連れて行かれた同窓会でした。
互いに嫌いで別れたわけではなかったので、再び恋愛が始まるのは簡単なことでした。
夫はかけがえのない人だし、子どもたちも可愛い。
だけど仕事、家事、育児ですり減っていくような気持ちを禁じえない毎日に、
変わらず浴びせかけられる優しい言葉や、崇めてくれているかのような接し方、
惜しみなく注がれるお金(笑)に、不覚にもまいってしまったワタシでした。
一度失敗してしまった私たちは、過去の間違えてしまったことや出来なかったことを
取り戻すかのように、慎重に付き合い始めました。
きっと2度目だから、もう同じ轍は踏まない、
ただただ楽しいだけの恋愛を楽しむつもりでした。
ですがやっぱり一度ダメだった相手とはダメなものですね。
同じようなところでつまづき、同じような道を辿り、再び別れてしまいました。
実はこの7月の同窓会にも強硬に友人たちから誘いを受けています。
学生時代のように皆でつるんで遊ぶ楽しさを懐かしむ年齢に
なったということもあるんでしょう。
25年もの付き合いの仲間と会うのは楽しい。
同窓会でしか会えない懐かしい友人たちがいるのも事実。
だけど今年は彼も来るらしい。
まだ他の友人たちと同じように「友だち」として見ることの出来なさそうな自分がいます。
行こうか、やめておこうか、まだ迷っているワタシです。


たくさんのメールありがとうございました。
同窓会・・・、青春がよみがえるようで甘酸っぱい響きが素敵ですよね。
意外にもその他を選んだ方が多いようで、
皆さんそれぞれ独特な同窓会への気持ちがあふれているようです。

さて、明日の魂ラジも楽しくお送りしますよ!
龍馬伝の感想、魂の絆創膏のエピソード。
そして、にわかに盛り上がりを見せている「ひとり龍馬伝」のリクエスト、
さらに、私も龍馬伝の登場人物のモノマネができる!という方からの
メールも募集しています。
もしかすると電話でご出演!なんてことがあるかもしれませんよ?
あなたの龍馬伝登場人物のモノマネ、お待ちしております!

明日の放送もお聴き逃しなく!

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

投稿時間:2010-05-28 16:44:17
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.