福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
5月18日 魂ラジレポート
『魂の龍馬伝』公開オーディション
F「武市さんや以蔵のモノマネができますよ、という人。ラジオの前にいませんか?お前ら。」

先々週から始まった、福山さんによる『ひとり龍馬伝』。
本家『龍馬伝』の撮影現場でも「福山さんのモノマネがすごい!」と、口コミで広まっていたり、偶然魂ラジを聞いた女子高生がモノマネに惚れて福山さんのファンになったというメールが送られてくるほど、大好評なんです。
しかし、福山さんが完璧にできるのは坂本龍馬、勝燐太郎、山内容堂の3役のみ。リスナーのリクエストにお応えしたくても、さすがにすべての登場人物のモノマネはできません。
そこで、リスナーの中で『龍馬伝』登場人物のモノマネができる人を緊急募集したのです。

F「『僕、実は以蔵のモノマネ出来ます!』、『武市さんのモノマネできます』、『収二郎さんのモノマネできます』、『長次郎さんのモノマネできます』っていう人を募集します。そして、『魂の龍馬伝』という番組を作ります。」
S「普通はふざけて主役の人から怒られるっていうのがよくある展開ですけど、主役の人が率先して集めてるって(笑)」
F「ノリノリでやって、しかも召集かけてるからね(笑)」

リスナーと一緒にモノマネをして楽しむだけなのかと思いきや、ラジオドラマ『魂の龍馬伝』の制作を視野に入れているから驚きです。
「大河ドラマの主演俳優がこんなことして、NHKさんから怒られないの?」と、共演者の方のモノマネを毎週楽しそうに披露する福山さんをひやひやしながら見守っているリスナーも多いようです。

○ラジオネーム:群馬のお龍(群馬県)
「『ひとり龍馬伝』聞きました。聞いてはいけないものを聞いてしまいました。その質の高さに驚愕し、この現象に唖然としています。どこの世界に絡む役者さんのモノマネをする主役がいるでしょうか?それも現在進行形で。NHKがどうとるかは別として、福山雅治は坂本龍馬に引けをとらない大物と見ました。そして、誰よりも『龍馬伝』を愛していると感じました。その情熱で駆け抜けてください。いつか香川照之さん相手に『ひとり龍馬伝』見せてください。」

F「久しぶりに弥太郎さんと絡むシーンがあったので、少しご紹介したんですよ。『ひとり龍馬伝』を。大変喜ばれておりました。」
S「目の前であれをやって差し上げた?」
F「はい。似てるっていうこと以前に、あのセリフの量を毎週やっている坂本龍馬役の福山くんがとっくの昔に撮り終わった、しかも人のセリフを覚えてるってことに感動していらっしゃいました(笑)」
S「何をやってるのか?ってことですよ。」
F「はい。生粋の役者さんですから、これがいかに奇異なことかって分かるんですよ。『人のセリフ覚えてるってすごいね〜!』って(笑)」
S「これは香川さんに来てもらいたいですね。弥太郎の真似って難しいだろうな。」
F「弥太郎は難しいですね。」
S「どうしてものところは本物をちょっと呼んで。」
F「そうですね。あるじゃないですか?モノマネ歌合戦のときにも途中から本物が出てくるみたいな。ご本人は嫌いじゃないですから。ただ、マネージメント的に苦い顔をされるかもしれないけど。」

リスナーの心配もよそに、なんと香川照之さんの目の前で『ひとり龍馬伝』を披露したという福山さん。この人は、本当に何も恐れていない大物かもしれません…。
香川さんご本人が『魂の龍馬伝』に参加してくだされば、弥太郎はもちろんナレーションもばっちり決まるわけですが、それでもまだまだ人手が足りないので正式に劇団員募集の告知が行われました。

F「大河ドラマが終わるか終らないかの頃に、日本全国に向けて発表できたらと思ってますから、劇団員を募集します。そして、各名シーンを再現します。坂本家の方も募集します。八平さんはだいぶ高齢の方になりますけど。」
S「八平さんこそご本人がやってくださるんじゃないですか?仲良いし。」
F「でも、博多華丸さん?」
S「あっ、アタックチャーンスの方ね。じゃあ、八平さんは決まりだ。お願いしたらやってくれそうですね。権平さんは難しそうだなぁ?」
F「(杉本)哲太さんは哲太さんでいいんじゃないかな?『あぁ〜、まぁ、そうじゃの。』って、あれは哲太さんは哲太さんで結構作ってるからね。哲太さん出てほしいな。あとは、乙女姉やん。乙女姉やんは、声似てる人いるんじゃないかな?独特の声だから。島崎和歌子さんは島崎和歌子さんが来てもらえばいいと思う(笑)あと、春猪ちゃんも春猪ちゃんのまんま。」
S「春猪ちゃんは以前来てくれてますからね。」
F「うちの準レギュラーみたいなもんですから。あと、あれが聞きたいですね。岩崎家。蟹江さんのモノマネができる方。あとは、奥様の倍賞さん。で、武市さんの奥さんの富さん。」
S「富さんは元々同期じゃないですか。」
F「じゃあ、富さんは本人でいっか。」

福山さんと荘口さんが考えたこの配役が実現されたら、本家に引けをとらない豪華キャストで『魂の龍馬伝』をお届けすることができそうですね(^^)
しかし、武市先生や以蔵など土佐勤王党のメンバー、龍馬の初恋の相手・加尾さん、お佐那さんら千葉一家、三条実美や一橋慶喜など公家や幕府の重要人物、と足りない役を挙げだしたらきりがありません。
そこで、早速「我こそは『魂の龍馬伝』劇団員に!」と名乗りを上げてくれた勇気ある魂ラジリスナーに電話をかけ、公開オーディションを行いました。
F「おぬし、腹を斬れ!」
と言われるリスナーもいたり、なかなか厳しいオーディションでしたが、それだけ福山さんが本気だということですね。

そして、今回のオーディションで最も高評価を得たのは、久志くん(大阪府・17歳)です。

F「もしもし。」
L(※リスナー)「もしもし。」
F「誰のモノマネかな?」
L「岡田以蔵です。」
F「緊張してるとのどがうまく使えないから深呼吸して。」
L「わかりました。」
F「一発勝負だからね。大丈夫?」
L「OKです。」
F「じゃあ、岡田以蔵のモノマネ。よろしくどうぞ!」
L「あ〜わしは人を殺してもいいがじゃろうか〜」
F「あっ、結構似てるじゃん。」
S「思ったよりも似てた!ちょっと、一瞬悔しい顔しましたよね(笑)」

このセリフ以外はできないと言う久志くんを押し切って、ほかのセリフにも挑戦してもらいました。

F「『武市先生!』って叫んでみて。」
L「武市先生!…あれっ?(笑)」
F「いや、結構いいよ。」
S「声の基本的なトーンが似てる。」
F「じゃあ、飼い犬って言われた後のあそこ言ってみようよ。そこのセリフ教えてあげるから、ちょっと待ってね。『飼い犬に手を噛まれるとはこのことぜよ。おまんはわしを裏切ったがやぞ、以蔵。』って俺が言ったら、以蔵は『わしは飼い犬やったがですか。』」
L「わしは飼い犬やったがですか。」
S「大河の主役が演技つけてますよ(笑)」
F「『わしは飼い犬やったがですか。もう人斬りは嫌やき。』じゃあ、このふたつを言ってもらってもいい?じゃあ、俺が武市さんやるね。『おまんはわしを裏切ったがやぞ、以蔵。』って言ったあとね。いきますよ。『飼い犬に手を噛まれるとはこのことぜよ。おまんは…』」
L「わしは…」
F「まだ!早い!(笑) 『おまんはわしを裏切ったがやぞ、以蔵。』のあとね。いい?『飼い犬に手を噛まれるとはこのことぜよ。おまんはわしを裏切ったがやぞ、以蔵。』」
L「わしは飼い犬やったがですか。もう人斬りは嫌やき。」
F「おっ、似てる似てる!」
S「久志、本当に似てるわ。地の声聞いたら、似てないかなと思ったけど。」
L「ありがとうございます。」
F「以蔵が一番難しいかなと思ってたんだけど、意外と簡単だったね。ありがとう、久志。エントリー完了!震え声じゃないところも練習しておいてね。」
L「わかりました。」
F「自信持って!」
L「ありがとうございました。」

F「これじゃ、俺がやってることがすごく簡単に聞こえるじゃない(笑)」
と、なかなか見つからないと思っていた以蔵役の候補が一発で見つかり、ちょっと不満げな福山さん。

『魂の龍馬伝』企画はまだ動き出したばかり。
「モノマネなんてやったことないし、私には出来ないよ…。」というあなたも、まずは『龍馬伝』を見ながらセリフを真似してみてはいかがですか?自分の声質に合う役が見つかるかもしれませんよ。

「『魂の龍馬伝』劇団員になりたい!」という方は、
masha@allnightnippon.com
まで。

その際、お電話番号をお忘れなく。たくさんのご応募お待ちしております!

明日は、荘口さんの42歳のお誕生日をお祝いします♪
お楽しみに☆
投稿時間:2010-05-18 22:01:41
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.