吉田尚記のコミパラ!

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける”マンガマニア”で、「マンガ大賞」の発起人でもあるニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、元千葉ロッテマリーンズのキャッチャーで漫画好きな里崎智也さんが、毎週1冊オススメの漫画を紹介する番組です!この番組を聴けば、アナタもお気に入りの作品に出会えますよ!

【WEB限定】主演・長瀬智也で映画化も!池井戸潤の大ヒット小説を漫画化!『空飛ぶタイヤ』!

2018年5月24日 15:00

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける“マンガマニア”で、“マンガ大賞”の発起人でもあるニッポン放送アナウンサー吉田尚記と球界きっての“漫画好き” 里崎智也さんが毎週1冊オススメの漫画を紹介する「講談社presents 吉田尚記のコミパラ!with 里崎智也」。

この記事では、ナイター放送の関係で、WEB限定となった第58回の模様をお届けする。ページ下部には、音源もアップされているので、そちらも合わせてお楽しみ頂きたい。

第58回目にご紹介したのは、『BE・LOVE』にて好評連載中の『空飛ぶタイヤ』(漫画:大谷紀子、原作:池井戸潤)!

今回、ご紹介する『空飛ぶタイヤ』は、ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を漫画化した作品。直木賞候補にも選ばれた原作を漫画化しているだけあって、内容も本格的な社会派ドラマとなっている――。

吉田:まず、原作は150万部突破の大ベストセラーで、「何だ、このタイトル!?」って思いますよね。

里崎:まぁ、そうっすね!

吉田:運送会社があって、運送会社の方が運転していたトラックのタイヤが運転中に外れてしまうという事故を起こしまして、その運転中に外れてしまったタイヤのせいである女性が亡くなってしまうというところからストーリーが始まるんですけど。それで始まって、何が起きるかというと整備不良ということにメーカー側の調査でされちゃう訳ですよ。車側のメーカー調査で。でも、いやいや、ちょっと待てよと。ウチ、ちゃんと整備してたし。で、整備士の人を始め、責めちゃったりとかしちゃうんですよ、社長が。赤松運送って会社が出てくるんですけど。その社長が「そんなこと(整備不良では)ないじゃないか!」と一回責めちゃった人たちにもう一回戻って来て貰って、「ごめんな。悪かったよ」って泣いている社長が出てくるんですけど。どうも、これ整備不良じゃなくて、そもそもの構造上の欠陥ではないかということに、事故を起こさざるを得なかった側の会社が思っている訳ですよ。でも、メーカー側に入ると、「これ何かデータを集めるとヤバくね?」と社の中で気付いている人たちがいる訳ですよ。で、気付いている人たちも、この辺がもうリアルですけど、言えます?

里崎:ふっふっふ(笑)

吉田:ここから!ここからですよ!ここで色んな世間の常識とかだと、もう諦めちゃったりとかしてる時代だと思う――まぁ、時代ではないのかな、(諦めたり)とか今までしちゃってるんでだけど、そこをこのままではいけない!良いですか、だから正義の味方が出てきて、俺、気にしない!ボーン!みたいなのじゃなくて、物凄いリアルにここでむしろ内部告発をしようとしていることが会社に勘付かれているらしく、「希望の部署に異動させてやるよ?ただし、この件から手を引け!」みたいな。「マジかぁ!」みたいな。

里崎:でも、何か池井戸潤作品っぽい!もう、今の聞いただけでも今すぐ読みたい!

吉田:でしょ?あのね、本当にリアル!

池井戸潤作品のウリの一つと言っても過言ではないだろう“リアルさ”が『空飛ぶタイヤ』にも詰まっているのだが、今回、漫画化するにあたり、一か所だけその“リアルさ”がなくなってしまっているところがあると吉田アナウンサーが指摘する――。

吉田:中小企業としてのリアル。これを告発するマスコミの人が出てくる。そのマスコミの人とかの取材の模様のリアル。企業の中で告発しようとしている側がドキドキするリアルもあれば、バレないようにする側がいて、バレないようにする側の上司がいたりするんですよ。リアル……なものを書いているのがこの『空飛ぶタイヤ』という小説であり、この(漫画の)ストーリーなんですけど。ただ一か所だけ、「そこまではねぇだろ!」っていうのがあるんですよ!

里崎:何ですか?

吉田:出てくる人が、この大谷紀子さんが描いているじゃないですか。あのね!こんなに会社はイケメンだけで出来ていない!

里崎:じゃあ、やっぱり面接が厳しいんじゃない?会社の面接が!

吉田:ただ、その厳しさもほとんど何かモデル事務所みたいな!

里崎:あっはっはっは(笑)

吉田:お前がモデル事務所だったらば、商品のクオリティを管理する部署の人間にそんなにルックス良い奴、配置する理由がないだろうって。だってもう、普通に考えたら、会社で毎日会う人とかって、お腹とかポッコリ出ているおじさんとか普通じゃないですか。もう全員、超足長いんですよ。

里崎:あっはっはっは(笑)

さらに、この『空飛ぶタイヤ』は、2018年6月15日(金)公開で映画化も決定しているのだが、そこでも同じような現象が起きているようで――。

吉田:出てくるのは、サラリーマンですよ、みんな。中小企業も大企業も出てきますけど。主演が長瀬智也!

里崎:おー!

吉田:さらに、ディーン・フジオカ!

里崎:おー!

吉田:高橋一生!

里崎:おー!有り得そう!

吉田:そんな会社、ねぇ(ない)!!

里崎:あっはっはっは(笑)

吉田:絶対、ねぇ(ない)!!

イケメンたちが奮闘する重厚な本格社会派ドラマを描いた『空飛ぶタイヤ』は現在、上巻が好評発売中である。下巻は、6月13日(水)に発売となっている。

『BE・LOVE』にて好評連載中の『空飛ぶタイヤ』(漫画:大谷紀子、原作:池井戸潤)を紹介している模様は、こちらからWEB限定版として聴くことが出来る。是非、お聴き頂きたい。