吉田尚記のコミパラ!

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける”マンガマニア”で、「マンガ大賞」の発起人でもあるニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、元千葉ロッテマリーンズのキャッチャーで漫画好きな里崎智也さんが、毎週1冊オススメの漫画を紹介する番組です!この番組を聴けば、アナタもお気に入りの作品に出会えますよ!

TVアニメ放送中!天才ピアニストへと開花する少年の成長を描いた物語『ピアノの森』!

2018年4月10日 13:00

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける“マンガマニア”で、“マンガ大賞”の発起人でもあるニッポン放送アナウンサー吉田尚記と球界きっての“漫画好き” 里崎智也さんが毎週1冊オススメの漫画を紹介する「講談社presents 吉田尚記のコミパラ!with 里崎智也」。

第50回目にご紹介したのは、2015年まで『モーニング』にて連載されていた『ピアノの森』(著:一色まこと)!

今回、ご紹介するのは今年の4月からNHK総合にてアニメとしても放送されている『ピアノの森』という作品。既に完結している作品だが、読破している吉田アナウンサーが冒頭から絶賛する――。

吉田:これはもう大傑作中の大傑作ですね!『花田少年史』っていう作品のときに、もうすでに少年の瑞々しいのを描くとしたらこの人の右に出る人はいないみたいな感じになった第19回講談社漫画賞も受賞している一色まこと先生なんですが、この一色まこと先生がコミックスでいうと全26巻。漫画文庫でも全18巻が出ているこちらの作品なんですが、名作なのは、アニメーション映画化を既にもうされていて、その時に上戸彩、神木隆之介、宮迫博之とか日本の実写映画界とかも代表するような人たちが声をあてて作っている作品で2009年には、第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で最高の大賞を受賞した、ある意味、漫画のコンクールでもトップを獲った作品なのですが、今、春休みの人とかもいるじゃないですか。

里崎:いますよね。

吉田:漫画の最大の楽しみは、一気読みというやつが。初めから最後までを――、連載を追っかけるのも楽しいんですけど、一つの大河をドーンと味わうっていうのをやったときの快感がナンバーワンかもしれない、というぐらいの物語なんですよ。

里崎:おおっ!それぐらいの!

吉田アナウンサーが“大傑作中の大傑作”と称する『ピアノの森』。一体、どういう内容なのかというと――。

吉田:まず、ストーリーを先に説明しますと、ストーリーは、何故、『ピアノの森』かというと、まず、不思議な森があります。そこにピアノが1個、置かれているんですよ。ピアノを置いた先生が凄い色んな大変なことがあって、自分でピアニストの道を諦めた先生のピアノなんですよ。「もういい!ピアノなんて!」って一回置いちゃった。置いちゃったそのピアノのもとで恵まれない町で生まれた少年が子供の頃からそこで遊んでた訳ですよ。遊んでたら、基礎的なピアノの能力が身に付いちゃって、っていうところから、その少年が――、もう一人は英才教育を受けていて、お父さんがピアニストでみたいな少年と二人で本当のプロの凄いピアニストを目指して、“ショパン・コンクール”まで辿り着き、そして、そこから“ショパン・コンクール”での闘いが描かれるという物語なんですけど。僕、26巻まで読んで、震えます!!

里崎:震えます!?

吉田:震えました!!

ここでテンションの上がってしまった吉田アナウンサーが重大なネタバレを口走ってしまう。その部分に関しては伏せてあるので、気になる方は『ピアノの森』を読んで頂くか、本編音源をページ下部から聴いて頂きたい――。

吉田:最後、本当に驚いたのは――、最後の最後で“ショパン・コンクール”の結果が出るじゃないですか。結果が出てからが結構長いんです。この漫画の一つの特徴としては。で、出てからなんですけど、ここがね1巻の少年時代から描いているじゃないですか。少年時代から描いて、ここで全部が回収されるんです。スッと終わるんです。これは、ずっーと読んでいくと本当に、「そりゃ、物語上、そうなるよね」と「先生の苦悩は、こうなんだ」みたいなこともちょいちょい描かれているんですけど、もう、そのちょいちょい描かれた苦悩が「じゃあ、もうこれで(ネタバレ)が勝ったからさ」みたいな――。あ、これ言っちゃマズいかな……(笑)

里崎:マズいですよね!? 僕の想像の“夢オチ”ではないですよね!?

吉田:全然、違う!!

里崎:「全部、夢でした~!」みたいじゃないですよね?

吉田:全然、違う!!

里崎:そんなんじゃ、震えないですよね?

吉田:そんなんじゃ震えない!!

吉田アナウンサーが思わずネタバレをしてしまう程、誰かに話したくなる内容なのは、間違いないようだが、これから読む里崎さんは――。

吉田:もう一回、記憶を消して読みたい!(内容を)知っていて読むと観察ではあるんですけど。里崎さん、まだ読んでないんですよね?

里崎:まだ読んでないから――

吉田:ぶっちゃけ、もう羨ましい!

里崎:もう本当にね、余計なことを言うなよと心の中から思ってます。

吉田:分かりました(笑)

テレビアニメも絶賛放送中の『ピアノの森』は全26巻が好評発売中!

吉田アナウンサーと里崎智也さんが2015年まで『モーニング』にて連載されていた『ピアノの森』(著:一色まこと)を紹介している模様は、こちらから聴くことが出来る!