吉田尚記のコミパラ!

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける”マンガマニア”で、「マンガ大賞」の発起人でもあるニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、元千葉ロッテマリーンズのキャッチャーで漫画好きな里崎智也さんが、毎週1冊オススメの漫画を紹介する番組です!この番組を聴けば、アナタもお気に入りの作品に出会えますよ!

【WEB限定】アニメ化決定!愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジー『デビルズライン』!

2018年3月13日 15:30

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける“マンガマニア”で、“マンガ大賞”の発起人でもあるニッポン放送アナウンサー吉田尚記と球界きっての“漫画好き” 里崎智也さんが毎週1冊オススメの漫画を紹介する「講談社presents 吉田尚記のコミパラ!with 里崎智也」。

この記事では、WEB限定となる第46回の模様をお届けする。ページ下部には、音源もアップされているので、そちらも合わせてお楽しみ頂きたい。

第46回目にご紹介したのは、『月刊モーニングtwo』にて好評連載中の『デビルズライン』(著:花田陵)!

タイトルに入っている“デビル(devil)”という単語は“悪魔”や“鬼”と訳されるのが普通だが、今回、ご紹介する『デビルズライン』の“デビル”は何を意味しているのか――。

吉田:はっきり言うと“吸血鬼”です!吸血鬼がどういう風に使われているか――。吸血鬼作品って数多あるんですけど、これはちょいリアルに扱われている作品なんですよね。この花田陵先生という方が初連載で描いているんですけど、もう既に累計、10巻まで現在発売中で150万部突破しているという大ヒットダークファンタジー。最新の11巻が今度、3月23日に発売されるんですけど。

今年の4月からアニメ化も決定している大人気作品だが、一体、どんな内容なのか――。

吉田:どういう作品かというと吸血鬼が普段の人間の生活に溶け込んでいるというか、分かんないように混ざっているんですよ。だけど、人間が大量に出血したりするのを見ると、もう異常に興奮しちゃうんですよ。

里崎:ふふっ(笑)

吉田:で、異常に興奮すると今まで人間にしか見えなかったんだけど、吸血鬼としての本性が突然現れて、もう人間に噛みついて血を吸いたくなるし、その相手を破壊したくなるし、みたいな状態なんだけど、普段は人なんですよ。

里崎:んふふっ(笑)

吉田:人と全く見分けがつかない。

里崎:普通の?

吉田:ええ。で、こういう世界がもしあったらどうなるかというと、犯罪めくじゃないですか。鬼が起こす事々って。で、その犯罪めいたものを追っかけるために警察にも鬼がいるんですよ!

里崎:おおっ!

吉田:わざわざ!鬼はもう、その――

里崎:鬼、いっぱいいるんですか!?

吉田:いっぱいいます!一応、0.01%だとかそういう数字が漫画の中に出てくるんですけど。(0.01%)ぐらいいるので、例えば、東京だったら何百人かはいるでしょうみたいな状態になっている世界なんですけど、でも、その人(吸血鬼)たちが何かトラブルを起こしたときに当然、運動能力とか凄いから普通の人間では警察も捕まえられないので、警察にも鬼がいて、その警察側の鬼もあんまり堂々と言えないから、色んなことを考えながら葛藤して暮らしているというーー

吉田アナウンサー曰く、「漫画の肝は緊張感!」ということで、この『デビルズライン』の世界も常に緊張感が漂っているようで――

吉田:人間、偶然、血が出ることって結構いっぱい有り得るんですよね。

里崎:ありますよね!あるあるあるある!

吉田:何かちょっと手を切っちゃったみたいなとか。中でも一つ悲しいのは、人と鬼もこの『デビルズライン』の世界だと結婚することとか出来るんですよ。色々、大変な条件をクリアしないといけないんだけど。結婚すると人の方が一緒に料理してて、ちょっと指を切っちゃったりするんですよ。その瞬間に血が出るじゃないですか。血が出た瞬間に鬼が本性剥きだしになっちゃたりして、本人もそんなことが悲し過ぎて、もう自分で自ら命を絶ったりとかするっていうですね、凄いね、何か切ないことがいっぱい起きる――

ここまで『デビルズライン』の紹介を熱心に聴いていた里崎さんが良いところに気が付く――

里崎:子供は、どっちなんですか?

吉田:そこ!良いところに気が付きましたね!この作品には鬼と人のハーフが出てきます。で、この人たちは人によって、ちょっとずつ条件が違って、明らかに秘密を抱えて、自分の鬼っぽさを完全に飼いならしている奴も出てくれば、主人公が――そういえば、全然、主人公の話をしてなかったですけど、安斎結貴(あんざい・ゆうき)っていう警察側にいる鬼なんですけど、どうやらハーフらしいんですよ。

里崎:おおっ!

吉田:でも、細かいことが分からない!色んな謎がいっぱいあって。で、そいつは、自分が一体どうやったらこの鬼の衝動を抑えられるだろうってことにずっと悩みながら、普通の人の大学院生と付き合い始めちゃうんですよ。

鬼と人のハーフ、安斎結貴とその恋人・平つかさの関係がどうなっていくのかを知りたい方は、是非、『デビルズライン』をご覧頂きたい。『デビルズライン』は、現在、第10巻まで好評発売中である。最新11巻は、3月23日に発売予定となっている。

吉田アナウンサーと里崎智也さんが『月刊モーニングtwo』にて好評連載中の『デビルズライン』(著:花田陵)を紹介している模様は、こちらからWEB限定版として聴くことが出来るので、是非、お聴き頂きたい。