吉田尚記のコミパラ!

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける”マンガマニア”で、「マンガ大賞」の発起人でもあるニッポン放送・吉田尚記アナウンサーと、元千葉ロッテマリーンズのキャッチャーで漫画好きな里崎智也さんが、毎週1冊オススメの漫画を紹介する番組です!この番組を聴けば、アナタもお気に入りの作品に出会えますよ!

圧倒的人気漫画『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作品が大ヒット!『中間管理録トネガワ』 &『1日外出録ハンチョウ』 吉田尚記「こんなギャグあったのかって後ろから殴られるような衝撃!」

2017年6月8日 15:15

  • LINEで送る

年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続ける“マンガマニア”で、“マンガ大賞”の発起人でもあるニッポン放送アナウンサー吉田尚記と球界きっての“漫画好き” 里崎智也さんが毎週1冊オススメの漫画を紹介する「講談社presents 吉田尚記のコミパラ!with 里崎智也」。

里崎智也さんが大人の事情でお休みとなってしまった第10回目は、『月刊ヤングマガジン』に好評連載中の『中間管理録トネガワ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:橋本智広、三好智樹)と『週刊ヤングマガジン』に好評連載中の『1日外出録ハンチョウ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:上原求、新井和也)の2作品をご紹介した。

テレビアニメ化や実写映画化もされ、シリーズ累計2000万部を超える福本伸行先生の伝説的漫画『賭博黙示録カイジ』。その登場人物の1人でカイジの宿敵・利根川幸雄を主人公とした
スピンオフ作品『中間管理録トネガワ』。そして、その利根川が働く“帝愛”の地下にある労働施設で働くE班の班長・大槻を主人公としたスピンオフ作品『1日外出録ハンチョウ』。この悪魔的な2つのスピンオフ作品の魅力を吉田アナウンサーが語った。

まずは、『中間管理録トネガワ』の内容と魅力を解説。

吉田:まず、利根川っていうのは、エスポワール(作中に登場するギャンブル船)の中で多重債務者に「ゴミめらが……!」みたいなことを言う……、もう凄いのよ!この人のキャラの立ちっぷり、ハンパないです!普通のサラリーマンのような恰好をして、すげー意地悪みたいな。「確かにでも、言っていることは向こうの言う通り。ぐっ……」って。

カイジはよく「ぐっ……」ってなっているんですけど。「ぐっ……」ってなるようなことをバンバン言う。でも、その悪役の利根川は、“帝愛”ってところが金を貸しているんですけど、その“帝愛”のトップじゃない!利根川、中間管理職じゃん!

……ということはっていうんで、その利根川が中間管理職として、いかにその部下の“黒服”たちとの関係や会長のご機嫌を取ることやたまにある出張の際にどういう風に悩んでいるかっていう―……、まぁ、先に言いましょうか!『カイジ』シリアス!(『中間管理録トネガワ』は)全力、ギャグ!!

続いて、『1日外出録ハンチョウ』の内容と魅力についても解説。

吉田:もう1個が『1日外出録ハンチョウ』。これ、何かというと、カイジは結局、何だかんだで穴ぐらに送られてしまう訳ですよ!色々と勝ちそうになったりとか、事実、勝ってるっちゃあ、勝ってるんだけどね、あれね。勝負にね。その穴ぐらに送られると今度は、そこで“ペリカ”を貯めるんですね。もう“ペリカ”言いたくてしょうがないんですよ(笑)好きな人、みんな好きだよね“ペリカ”!

その地下の穴ぐらでだけ通用する通貨を勝手に渡されて、それでみんなで「重労働、つらーい!でも、ちょっとだけ“ペリカ”が貰えるけど……」「さぁ、ビールを飲むのか、それとも別の物を食べるのか」みたいな、いやらしーい!みたいなのがずっと続いて。“穴ぐら生活”も僕はカイジの中でかなり好きなフレーズなんですけど。そこで“1日外出券”っていうのを“ペリカ”を超貯めると(手に入れることが出来て、外に)出られるんですよ!そのときに外出数をバンバン決めるのが、地下のチンチロで荒稼ぎをする班長!この班長がバンバン外出ているときに何してたかっていう漫画が『1日外出録ハンチョウ』なんですよ。はっきり言うとこれはね、『孤独のグルメ』みたいな漫画なんですよ、これが(笑)

最後に、この2つのスピンオフ作品『中間管理録トネガワ』と『1日外出録ハンチョウ』の最大の魅力にして、“ズルさ”を吉田アナウンサーが語る。

吉田:両方とも原作は、萩原天晴さんという方が書いていらっしゃって、この人も悪魔的発想の持ち主ですよね。そこに『中間管理録トネガワ』が、橋本智広先生と三好智樹先生。そして、『1日外出録ハンチョウ』が
上原求先生と新井和也先生。ぶっちゃけて言うと福本伸行先生のアシスタントの人たちなんですよ。もちろん、協力は、福本伸行先生。何が凄いって、本当に漫画読みの間でもこんなギャグあったのかって後ろから殴られるような衝撃で!

『中間管理録トネガワ』は、『このマンガがすごい!2017』オトコ編1位獲っちゃってますからね(笑)シリーズ累計、とうとう100万部超えたんだ!!!でも、分かるなー。それで、ズルいのは、福本伸行先生のアシスタントが描いてるじゃない?絵が100%カイジなんですよ!1ミリも偽じゃない、本カイジのまま、ギャグなんですよ!

『賭博黙示録カイジ』シリーズを読んでいるとより面白い2つのスピンオフ作品『中間管理録トネガワ』と『1日外出録ハンチョウ』。是非、『賭博黙示録カイジ』シリーズと合わせて手に取って頂きたい。

吉田アナウンサーが『中間管理録トネガワ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:橋本智広、三好智樹)と『1日外出録ハンチョウ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:上原求、新井 和也)の2冊を紹介している模様は、こちらから聴くことが出来る!

<第10回URL>
https://soundcloud.com/shovel_jolf/comipara10

<LINK>
シリーズ累計100万部を超える大ヒットとなっているスピンオフ作品『中間管理録トネガワ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:橋本智広、三好智樹)は、現在、第5巻まで絶賛発売中!

“飯テロ”要素も盛り込まれたスピンオフ作品『1日外出録ハンチョウ』(協力:福本伸行 原作:萩原天晴 漫画:上原求、新井 和也)は、第1巻が絶賛発売中!

  • LINEで送る