岡村隆史、NHK大河「麒麟がくる」の長谷川博己、染谷将太らの演技に圧倒

2019年08月29日 11:50

 

8月22日(木)深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。パーソナリティーの岡村隆史がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年1月から放送予定)の撮影秘話を語り、共演者たちの演技を絶賛した。

俳優・長谷川博己が明智光秀役で主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、光秀が美濃で出会う農民役を演じる岡村。これまで少なかったという共演者との絡みがいよいよ増えてきたと語る。

「今までは、長谷川さんや門脇麦さんとちょっと絡んだりぐらいの感じだったんですけど、いよいよ、堺正章さん、沢尻エリカさん、染谷将太くん辺りの画角に見切れ出しました、私。怖いですよ、ああいう現場はやっぱり。ピリッとするというか。

染谷くんなんてさ、この間、エレベーターで一緒になって『だいぶハードですか?』、『これからやと思いますね~』みたいな感じやって。ところが、テスト始まったらビックリした、エグかった。『え!? 全然違う!』みたいな。もう、織田信長すごかったわ~。

沢尻エリカさんとか染谷くん、ずーっと台詞を喋っているから、ちょっと失敗したらえらいこと。長谷川さんとかがウワーっと喋っている中で、俺は一言だけだったから、これは絶対に間違ったらアカンと思って……間違わなかったよ。間違えたら、殺されてしまう(笑)。

長谷川さんも俺とやってる時と空気が全然違う。俺とは世間話もしながらやけど、芝居のケンカみたいになっている。俺の時なんか全然光秀感がないよ。『夏休みはもう取ったんですか?』みたいな。『まんぷく』の萬平さんと喋っている感じだった。その後になったら、温存していた光秀がガーッと出てくるわけですよ。『うわ、すごい!』と(思って)。俺、撮影を思わず端っこから見に行ったもん。『すごいわ。皆、お芝居でケンカしてはる』と思って。だから見切れているかもしれない(笑)。最悪、“チコちゃん”のCGチームが消してくれるんじゃない? 俺のこと」

農民という役柄的に、セリフを間違えるたら殺されてしまう(出番が無くなる)と笑いを誘った岡村。長谷川博己や染谷将太、沢尻エリカらのシーンでは、その演技力に圧倒されたと語った。

また、この日は番組イベント「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ 2019」に出演する、お笑い芸人・ロバート秋山がゲストとして登場。毎年恒例のボイストレーニング企画を実施し、秋山が「ff (フォルティシモ)/ハウンド・ドッグ」の一番崩したバージョンを披露するなど、スタジオは盛り上がった。

なお、8月29日(木)25時から放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の放送回には、お笑い芸人の劇団ひとりがゲスト出演する。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」
放送日時:2019年8月22日(木)25時~27時
パーソナリティ:岡村隆史(ナインティナイン)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190823010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/okamura/