ももクロの魅力を共演者が語る 「ブレイク後も変わらなかった。」

2019年08月18日 11:40

 

8月11日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時~)に、ももいろクローバーZの玉井詩織と、高城れにが出演。8月17日~26日に東京・明治座にて上演される舞台「ももクロ一座特別公演」で共演するお笑い芸人・オラキオがゲスト出演した。

ももクロは2010年5月に、楽曲「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューしており、オラキオとは同年に初めてイベントで共演。オラキオはその頃のことを「1年目のアイドルの子達が頑張っているな~、って調子こいてMCをしていたら、あっという間にぶち抜かれて」と笑いながら自虐。ももクロのブレイク前と後の印象についても触れ、変わらなかった人当たりの良さを評価した。

高城:オラキオさんから見たももクロの印象って、どんなでしたか?

オラキオ:最初は名古屋で一緒に仕事をして、その後にがっつり“子供祭り(ライブイベント)”で絡んだけど、あの頃とは比べ物にならないくらい堂々として成長したなと思ったんです。で、その時(子供祭りのとき)に人懐っこかったんです。特にれにちゃんとか、人懐っこいじゃないですか?

高城:ふふ。

オラキオ:僕のことを思いっきり蹴ってきたりさ。

高城:ええっ! そうでしたっけ!?

オラキオ:そうそう。『オラキオさ~ん!』とか言って、バーッとケツを蹴ってきてね。でも、俺はそういうことが嬉しかったの。

玉井:うん。

オラキオ:だけど、ももクロちゃんがバーッと人気になって、その頃に僕が子供祭りに出ることになったから、ももクロちゃんが変わってしまったんじゃないだろうか、と内心では思っていて。これだけ人気者になったら、僕に対する態度もちょっとは変わるのかな? と思っていたら、またれにちゃんが『オラキオさ~ん!』とか言って、バーッとケツを蹴ってきて。しかもスタッフさんの靴を持ってきて『ちょっと臭いを嗅いでみて!』って言ってきてさ。

高城:私、何してるんだろう!

オラキオ:あー、何も変わってないなと思って(笑)

玉井:何してるの? れにちゃん(笑)

再会後も変わらず接してくれたことに「そういうことが嬉しかった」と語ったオラキオ。初対面から9年たち、メンバーも全員が二十歳を超えたことで「やっぱりさすがに、大人になった」と告げると、玉井は「さすがにね」と照れくさそうな様子で反応していた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日時:2019年8月11日(日)22時~22時30分
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190811220000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/momoclo/