バーチャルYouTuber界の歌姫が受けた英才教育、目指したのはあの大物歌手

2019年07月24日 11:30

 

7月17日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に、2ndシングル『エールアンドエール』を7月31日(水)にリリースするバーチャルYouTuber・富士葵(ふじあおい)が出演し、小さい頃からの憧れの存在である歌手・布施明について語った。

“キミの心の応援団長”をコンセプトに、現役女子高生バーチャルタレントとして活動している富士葵。デビューシングル『はじまりの音』はオリコン・iTunes共にTOP10入りを果たし、さらにはVTuberとして初めて歌番組に出演するなど、 その圧倒的な歌唱力を武器に幅広い活躍を見せている。番組では、そんな富士が影響を受けた歌手が、布施明であるという話題で盛り上がった。

吉田尚記アナウンサー:一番影響を受けたアーティストが布施明さんって本当?

富士:おばあちゃん、お母さんと親子三世代で布施明さんの大ファンで、小さい頃から「この方のように歌えるようになりなさい」って言われていました

吉田:布施明になれと!?

富士:布施明さんになれという英才教育ですね。「こうやって歌うんだよ、詩を伝えるんだよ」って教えられて、『マイ・ウェイ』や『君は薔薇より美しい』を聴いて生きてきました

吉田:新曲聴いても、歌詞を伝えるというのは本当に伝わってきますね

富士:本当ですか!? 伝わりましたか? やっぱり、布施明さんの英才教育を受けてますので(笑)

吉田:そういうことだったんですね

またこのあと富士は、6月末に布施明との念願のデュエットを果たしたことについて触れた。2人で映画『アラジン』の名曲『ホール・ニュー・ワールド』をカバーした動画が公開されているが、富士はデュエットが実現したときのことを振り返り、「緊張して何も喋れなかった」と胸の内を明かしていた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミューコミプラス」
放送日時:2019年7月17日(水)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190718000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/