菅田将暉が熱弁! ジブリのあの“超有名作”をついに初鑑賞 「ホーム? ホム?」

2019年07月22日 17:50

 

7月15日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~)が放送。人生で初めて映画「風の谷のナウシカ」を鑑賞したことを報告し、その感想を語った。

7月1日の放送の、番組終了5分前、映画「風の谷のナウシカ」にまつわるリスナーからのメールを紹介したが、菅田が同作を一度も見たことがなかったことから「オーチュウ? オウムシ? ホーム、ホム?」と、オーム(王蟲)が分からず困惑。そして「見ていないんですよ。そりゃ、そんなこともあるでしょうよ」と、今までに一度も見たことがなかったと明かしていた。

これに周囲から驚かれたこともあり、その後すぐにDVDを購入したという。

「『風の谷のナウシカ』を見ました。オーム(王蟲)は地球を浄化していたんだけど、それを人間は悪者だと判断してオームを攻撃をしてしまい――という、環境問題と戦争問題がテーマの深い作品で、本当にすごいなと思いました。いろんな問題が詰め込まれていて、大人が見る作品だったんだな、と。

それでいろいろ調べて、漫画を買いました! 漫画全7巻のうちの2巻までが映画だということで、すぐに買いました。ナウシカの漫画を置く棚を、自宅に作ろうと思っています。2時間、いい時間だったな~。久しぶりにジブリを見ました。

映画を見てビックリしたのが巨神兵! こんなに活躍しないんだ、と思って。予告では、『ランランララ・ランランラン』の後、バーッと燃え盛る大地の中に巨神兵がバーッと出てきたから、巨神兵との戦いがメインの話かと思ったら、オームとの話だったからビックリした。結果、巨神兵はビーム2発で終わりましたからね。

って……みんな知っているか。ごめんな、なんか(笑)」

国民的映画の感想を今更ながら熱く語ってしまい、すぐに陳謝した菅田。全7巻からなる漫画「風の谷のナウシカ」は映画の原作となった、宮崎駿監督によるオリジナルコミックスだが、近日中にこちらも読破するそうで「ちゃんと漫画を読んだら、もう1回喋るからな!」と、リスナーに宣言した。

なお、7月22日(月)25時から放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」では、菅田が主演する映画「アルキメデスの大戦」(7月26日(金)全国公開)で共演する、柄本佑と奥野瑛太がゲストとして生登場する。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日時:2019年7月15日(月)25時~27時
パーソナリティ:菅田将暉
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190716010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/suda/