King Gnu井口理、ポルノグラフィティへの“細かすぎる愛”を語る

2019年06月27日 11:40

 

6月20日(木)深夜、4人組ロックバンドKing Gnu(キングヌー)の井口理(Vo./Key.)がパーソナリティを務めるラジオ番組「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~)が放送。前週13日(木)の放送で大反響を呼んだ特別企画「勝手にポルノグラフィティ20th Anniversary Radio」について振り返った。

井口が“大のポルノグラフィティ好き”を公言していたことから、今年20周年を迎えるポルノグラフィティを、井口がポルノグラフィティの名曲をカラオケで熱唱して祝った同企画。オープニングから『ミュージック・アワー』を熱唱して始まり、番組中盤にはポルノグラフィティのボーカル・岡野昭仁から井口へのメッセージも紹介され、リクエスト曲として『サボテン』もあげられていた。

先週の企画について振り返る中、“本人”からのリクエストで『サボテン』を歌えた喜びを、改めて語った。

「先週は楽しかったけど、カラオケはすごく緊張をよぶっていうのがあって……。気もそぞろになって大変でしたけど、番組が始まって数分でトレンド1位……。恐ろしいですね。大勢のポルノさんファンが押し寄せて来た、と。ポルノグラフィティさんのファンがぶわーっと来て、1位に押し上げてくれました。

岡野さん本人から、メールで直々にカラオケのリクエストが来るという、とんでもないサプライズもあったわけですが、あれも嬉しかったね。そのメールが嬉しすぎて、放送内で3回もメールを読んでしまいました(笑)。

まさか私に、あの有名曲『サボテン』をリクエストしてくれるなんて。『サボテン』って4回ぐらい録り直しているんですよね。確か、デビュー前からあった曲で、『サボテン』のシングルの中に、『サボテン Sonority』っていう曲があったり、歌詞も違ったり、ストーリー、アレンジも違うんです。(ポルノグラフィティが)結構大事にしている曲だったと思うので、それを僕にカラオケリクエストしてくれたのが嬉しかったです。」

しかし、前回の放送について反省点もあったという井口。先週、井口はポルノグラフィティが2006年に開催したライブ『横浜ロマンスポルノ’06』の岡野の衣装を模した服装だったが、「タンバリンを持つのを忘れたんです」と打ち明ける。(※『横浜ロマンスポルノ’06』のイメージ画像で、岡野はタンバリンを手に持っている。)井口は「皆さん気付いてくれたかな? 僕がヘッドホンをタンバリンに見立ててはいたんですよ」と、タンバリンの代わりにヘッドホンを手に持って歌うなど、細かすぎるこだわりを随所に散りばめていたそうだ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日時:2019年6月20日(木)27時~28時30分
パーソナリティ:King Gnu・井口理
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190621030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/kg/