ももクロ・あーりん、ニューヨークのタピオカ店で災難

2019年06月22日 11:50

 

6月16日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時~)に、ももいろクローバーZの高城れにと佐々木彩夏が出演。“モノノフ”であり、ヤンキースの田中将大投手の試合を観戦するため、メンバー4人でニューヨークへ行ったときの思い出を語った。

佐々木:1日はマー君の試合を見る日だったんだけど、試合翌日は何も予定がなくて、オフだったんだよね。事前にマー君に『ニューヨークでタピオカは流行っているの?』って聞いたら、『流行っているよ』って。『タピオカって名前じゃないけど“バブルティー”は結構あるよ』って聞いていたんだけど、なかなか行く機会がなくて最終日を迎えてしまったわけです。

高城:うん。

佐々木:そうしたら私、タピオカの禁断症状が出始めて。タピオカ食べた~い! 耐えられない!、と思って。最終日、お昼ぐらいの便で帰国するから、朝にみんなでタピオカを食べに行こうと思ってね。

高城:そうそう。

佐々木:ホテルから一番近いタピオカ屋さんが“10時オープン”ってネットに書いてあったから、れにちゃんと、しおりん(玉井詩織)、夏菜子ちゃん(百田)を誘ってお店に向かったわけですよ。お店には9時55分ぐらいに着いて、オープン前に並んでいたわけ。『あと5分だね、楽しみだね』って言いながら。日本にはないメニューもあって!

高城:そうそう!

佐々木:4人ですごいワクワクして待っていたんだけど、お店の電気がついていなくて。

高城:お店がやっている気配がないんだよね。

佐々木:でも大丈夫だろうと思って信じていたら、オープン時間の2分前に店員さんが出勤されて。それで、『すみません、注文良いですか?』って聞いたら、『まだダメだよ』って言われて。

高城:うんうん。

佐々木:しおりんが聞きに行ってくれたら、『あと30分かかる』って言われて。10時半にホテルのロビーに集合することになっていたから間に合わないの。メニューも決めていたから『ええ~、ウソでしょ!?』って言って。そうしたら夏菜子ちゃんももう1回聞きに行っていてくれたけど、ダメで。諦めました。

結局、大好きなタピオカをニューヨークで食べることができなかった佐々木。高城の話によると、佐々木はニューヨーク行きの日本の空港でも「タピオカ飲めるかな?」と話しており、毎日タピオカのことで頭がいっぱいだったそうだ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日時:2019年6月16日(日)22時~22時30分
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190616220000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/momoclo/