伊藤健太郎、テレビCMで念願のヒーロー役!「これは嬉しい……」

2019年05月17日 11:50

 

4月29日(月)深夜、俳優の伊藤健太郎がパーソナリティを務める「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(毎週月曜27時〜)が放送され、伊藤が出演している電子書籍サイト「BookLive!」のテレビCMで、ヒーロー役に初挑戦した喜びを語った。

伊藤は、現在全国放映されている「BookLive!」の新テレビCMで、頭に巨大なガチャをかぶったヒーロー“ブックライブマン”を演じている。ヒーロースーツを身にまとい、胸に装着されたハンドルを回すとカプセルが飛び出す仕組みになっており、漫画好きを救うヒーローという役柄だ。

昔からヒーローへの憧れが強かったという伊藤。幼稚園の頃に夢中になって見ていたヒーロー番組のオープニングを見たところ、今でも歌えるほど覚えていたそうで、「やっぱり記憶ってすごいな」と驚き、番組ではその主題歌「電磁戦隊メガレンジャー」を流して思い出に浸った。

念願のヒーロースーツを着てのCM撮影では、現場周りにいた子供たちから嬉しい反応もあったという。

「家でテレビを見ていたら、たて続けに短めのスパンで(CMが)流れてきて、『ああ、俺だ!』って。そうなんですよ、ヒーローになれて! これはうれしいなと。なかなか出来ないじゃないですか、ヒーローって。しっかりとしたスーツを作ってもらったんですが、あれは僕サイズなんですよ。僕専用に採寸をしてもらい、手首とか手首と肘の間とか、しっかり採寸してもらったので、なかなかのクオリティのものを作っていただきました。世界にひとつだけのものなんです。

公園とかで撮影していたんですけど、そうしたら子供たちがキラキラした目で見てくれて、『ガチャガチャのなんとかだ!』ってヒーロー扱いをしてくれて、すごく嬉しかったんですよね。必殺技は、みぞおちのあたりにガチャガチャを回すやつがついているんですけど、それを回して、ヘソのあたりからガチャポンが出して、ポンポン飛ばします。そんな僕のCMを見てもらえたら嬉しいです」

本格的な衣装を仕立ててもらい、子供たちからもヒーロー扱いをされたことを嬉しそうに報告した伊藤。5月1日からの新しい時代に向けて、「令和はブックライブマンを流行らせたい」と抱負を語った。