若手人気俳優・太田基裕&崎山つばさのラジオ公開収録に300人以上が集結!

2019年05月04日 11:50

 

4月29日(月・祝)、東京・シーバンスホールにて、ニッポン放送で配信中のWebラジオ番組『オールナイトニッポンi  太田基裕と崎山つばさのおしゃべや』の公開収録が行われ、抽選に選ばれた300人を超えるファンが集まった。

Webラジオプラットフォーム『オールナイトニッポンi』で毎週月曜日21時から配信中の『おしゃべや』は、舞台を中心に活動する若手人気俳優が2人ずつペアを組んで、部屋で喋っているかのようなゆったりとしたトークをお届けするという番組。太田基裕と崎山つばさという“やや毒舌気味”な2人の掛け合いは人気が高く、2019年の年明けには、ニッポン放送地上波での特別番組も放送されている。

この日は2人のトークを生で堪能するため、抽選を勝ち抜いた300人を超えるリスナーが会場に集結。公開収録がスタートし2人が登場すると、会場は大きな歓声に包まれた。オープニングでは、『おしゃべや』の中ではお馴染みとなっている、毎回番組概要を説明してくれるガイド役の“子供”も生で登場し、2人のトークを盛り上げた。

オープニングトークが終わると、続けて、リスナーとともに行う3つの企画を実行。まず1つ目は、普段の番組の中でも行っている人気コーナー『太田基裕の褒めてやるよ』を生バージョンで展開した。こちらは、闇が深いとされている太田が、人を褒めてあげることで自らの闇を晴らしていくコーナーとなっており、今回は会場に集まったリスナーから事前に書いてもらったアンケートを紹介しつつ進行。「上司から模造刀をプレゼントされ困惑したが、喜んでいるフリをしなければと思い、上司に斬りかかるなどのパフォーマンスをして頑張った」など自身の頑張りをアピールする内容に対して、太田が生で褒めていった。

続いては、お題に記されたものを2人が、リスナーから借りてくるという特別企画『おしゃべや 借り物競争』。探してくるものは“古い硬貨”で、崎山からお題が発表されると、会場が一斉に小銭をあさり始めるという異様な光景が。2人がステージを降りて探しに出ると、その姿を間近で見たリスナーはざわつきながらも、「私、昭和〇〇年持ってます!」とそれぞれ声を上げて参加。2人は、その中からより古い硬貨を求めて、時間いっぱいまで探し回った。

最後の企画も『おしゃべや 借り物競争』と同様、この公開収録だけの特別企画で、タイトルは『崎山つばさのチョップしてやる!』。こちらは、リスナーから事前に書いてもらった“崎山に喝を入れて欲しいこと”を紹介しつつ、崎山が、スポンジでできた“巨大な手”を使ってチョップをして喝を入れるという企画だ。「五本指ソックスの左用を2足持ってきてしまい、今は1足を裏返して右用として履いている」などのちょっとした失敗談などが紹介され、それに対して崎山が、アドバイスを送りながらチョップをしていった。また、番組でよくお便りを紹介されている“常連職人”の名前が紹介されると、聞き覚えのある名前に会場から一気に歓声が。2人は初めて見る“実物”を前に、「ついにお会いできた!嬉しいです」と喜んだ。

ひと通り企画を終えるとエンディングへ。太田が「今日はありがとうございました!」とお礼を述べると、一方の崎山は「今度はハワイで公開収録やりましょう!」と大きな野望を口にした。最後は、オープニングで登場した“子供”も再び登場し、3人で締めて幕を下ろした。

この公開収録の模様は、5月13日(月)と20日(月)の21時より、『オールナイトニッポンi』にて2回に渡って配信される予定。

「オールナイトニッポンi」公式サイト:https://i.allnightnippon.com/pg/pg_anni_oshabeya
おしゃべや公式サイト:https://oshabeya.jp/