オールナイトニッポンi

Webラジオ&Web動画配信サービス「オールナイトニッポンi」のニュース記事です。

よゐこに“面白くないトーク”をイジられ、敦士大反省「もう脇汗びっしょり」

2019年05月03日 17:50

 

俳優・モデルとして活躍する敦士がパーソナリティを務めるインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第76回が配信され、昨年末、よゐこの有野晋哉と濱口優がパーソナリティを務めるラジオ番組『よゐこのオールナイトニッポンPremium』に出演した敦士が、面白いトークができずよゐこの2人からダメ出しされたことを振り返り、猛反省した。

番組冒頭から、「人に面白い話を届けるということの難しさを痛感いたしました」という反省の言葉を述べた敦士。よゐこと敦士は、フジテレビ系列で2018年3月まで放送されていたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』で長きに渡って共演しており、『よゐこのオールナイトニッポンPremium』の中でも和気藹々とした雰囲気でトークが展開された。

だが、よゐこや番組スタッフの間では、“敦士のトークはつまらない”というのがお決まりだったそうで、よゐことのやり取りの中では、そういった“イジり”が炸裂していた。それを受けて敦士は、改めて自分のトークについて反省した。

「(『よゐこのオールナイトニッポンPremium』の中で)敦士がこのあと来ます!って番組前半で振っていただいて、聴いてくださっている皆さんからメールで“あ~!音楽番組でめちゃくちゃ歌上手かったよね~!”とか。まぁEXILEのATSUSHIさんの話ですね。“池の水全部抜く番組もいいですよね~”なんてロンブーの淳さんの話が出てきたりとか。“あつし大喜利”じゃないですけど、聴いている方々にイジっていただいて。

そこで全くツッコミできない俺?“お~!”とかノッちゃってる俺もいるんですよ。“あの番組面白かったでしょ?”とか変にノッちゃってる俺が。それでよゐこさんに“違うよ!”って言われながら、始まった番組だったんですが(笑)

いや、その(どういう返しをするか?における)2択の難しさ。ことごとく2択を外していくんですよ。“そっちじゃないよね”っていう。でも濱口さんが仰るのは、“そこまで間違えるんだったら、もう間違える人でいけよ”と。聴いている方々からもすぐにメッセージが届いて、“本当に勘が悪いよね~”“大丈夫なの?”という心配の声だとか、“よくそれでテレビやってんな~”という呆れられた声だったりとか、それも愛情があるから送ってくださってると思うんですけど、そういったメールもたくさん届き・・・。俺もどんどん汗をかいていき、もう脇汗びっしょりですよ。

間違えられないと思うと間違うんですよね。俺だったらいつもこうするっていう方じゃない方を選ぶと、そのときは違っていたりとかね。空気感で答えも変わっていく難しさ。そういう部分を、僕は全く持ち合わせていないんだろうなと思いました」

その後も続く“あつし大喜利”の中で、「オシャレな家を見たときの感想を言ってみてよ」と、テレビ朝日系列で放送中の番組『渡辺篤史の建もの探訪』での渡辺篤史に関するネタを振られたが、まったくピンとこず、何の話かすら分からなかったという敦士。そんな自分の不甲斐なさを反省したが、しかしそんな光景を見てよゐこの2人が笑ってくれているという現状もあり、「どっちがいいんだろう?」と敦士は頭を悩ませていた。

このエピソードの全貌は、『敦士のオールナイトニッポン76回』で聴くことが出来る。

<番組概要>
番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
第76回URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_076