中川家、兄弟で共感 実家に着いてすぐ東京へ帰りたくなる理由

2019年02月16日 11:40

 

1月29日(火)、お笑いコンビ・中川家の剛と礼二がパーソナリティを務めるラジオ番組「中川家のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送・毎週火曜18時~)が放送され、先日久しぶりに実家に帰ったという剛が、すぐに東京に戻りたくなった理由について語った。

先日一人で大阪の実家へ帰ったという剛。久しぶりだったこともあり、通い慣れていたはずの電車の乗り場が分からなかったり、過疎化が進み街に人がいなかったり、子供のころ接していた人が思っていた以上に年老いた姿になっていたりと、改めて驚くことがたくさんあったと語った。

そんななかで実家に着いた剛だが、すぐさま東京に帰りたくなったという。

剛:家に着いた瞬間、帰りたくなって。真っ暗やねん

礼二:いや、うちの実家って不思議なんよ。帰りたくなんのよ

剛:外の方が暖かいのよ

礼二:そう。家で寒い寒い言ってたら、「外にいろ!」って言われるぐらいの家ですからね

剛:部屋の畳が凹んでんねん。もうブルーになってきて……

礼二:剛君の奥さんとか何も言うてへん?うちの嫁言うねんけど、「こんなん言うたら悪いんやけど、あんたの実家帰ったら、なんか気分悪くなる」って(笑)

剛:(笑)

礼二:で、その理由がやっと分かってん。それ“家の傾き”やねん

剛:マジックハウスみたいになってるもんな(笑)

礼二:あはは(笑)

環境的な居心地の悪さゆえ、すぐさま東京に帰りたくなるのだと共感し合った2人。また、2人の父の変わった一面も明かされ、「礼二がプレゼントした携帯電話を金庫にしまっている」「33年同じ自転車に乗っている」など衝撃的なエピソードが語られた。