岡村隆史、受験生に心込めてエール「みんな横一線」

2019年02月13日 11:55

 

1月17日(木)深夜、ラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送され、パーソナリティの岡村隆史が自身の経験を踏まえ、入試を控える受験生たちにアドバイスとエールを送った。

「もうね、今からジタバタしてもしょうがないです。やることはやってきたはずです。とりあえずもう寝て、朝早く起きて。脳が回り出すには時間がかかりますから。

受験票忘れても大丈夫、焦らない。係の人にしっかり言う。言ったらちゃんと手続きできますから。あと、鉛筆を必ず2本持って行くこと。なぜなら、もしお弁当にお箸が入ってなかったら、箸代わりにも使えます。必ず、鉛筆を2本持って行くこと。

そして数学の試験の前、必ずトイレに行くこと。緊張してお腹が痛い、そうなったら方程式解けません。大丈夫だと思っても必ず数学の試験の前にはトイレに行っておくこと。用を足しておくこと。

そして、これは皆さんに必ず……これだけは思っておいてください。最後に僕からこの言葉を皆さんに贈りたいと思います『我も人なり、彼も人なり』。あなたが緊張してたら周りの人も緊張している。皆人間です、皆同じですから。“私だけが”っていうんじゃなくて、皆横一線ですから。私だけが、あの子だけがって思わないように。これだけはしっかりと頭に入れて、試験が終わったら、そのまま真っすぐ家に帰るか、学校に戻ってくること。これ約束してください」

熱愛するドラマ『3年B組金八先生』の名台詞を引用しながら、受験生にアドバイスとエールを送った岡村。本来ならばこのまま番組を締める予定だったが、時間配分を間違えてしまい時間が余ったことに気付くと「“我も人なり、彼も人なり”でスパーンと終わりたかったんですけど、こんなに(時間が)余るとはね。難しいですね、生放送は。何年やっても」と語り、「本当に申し訳ないです。僕自身はコメント失敗しましたが、皆さんは受験に失敗することもなく、おそらくサクラサクと思いますのでじっくり問題を解いてください」と改めてエールを送り、この日の放送を締めくくった。