中川家が考える、男性目線の『トリセツ』

2019年01月22日 11:50

 

2019年1月1日(火)、お笑いコンビ・中川家の剛と礼二がパーソナリティを務めるラジオ番組「中川家のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)が放送。中川家の2人が、西野カナのヒット曲『トリセツ』の、男性バージョンの歌詞を作るならどんな歌詞になるか? という話題で盛り上がった。

年末、紅白歌合戦を見ながら過ごしていたという礼二。中でも気になったのが、西野カナが歌ったヒット曲『トリセツ』だったという。この『トリセツ』は、男性になかなか理解してもらえない女性の内面を“取扱説明書”になぞらえて描いたラブソングだが、それについて話しているうちに、逆に男性側から女性に対する“トリセツ”もあるのではないかという話が展開された。

礼二:男側のこういう歌も、誰か出してくれよな~と思うわ

剛:「一緒に買い物行ったら、知らん間に急にキレるのやめてね~」とかね

礼二:あと「スポーツ観戦しているときに、話し掛けないでね~」とかね

剛:(笑)

礼二:男が女性に対する“トリセツ”もあんのよね

剛:「昨日怖い夢見た話はやめてね~」とか

礼二:あはは(笑) それは俺らの取扱説明書やろ?

剛:そう、僕らのね

礼二:「出掛ける時間決まったら、その時間に出掛けようね~」とかな。出掛けるときに「ちょっと待って」が多いからね、女の人は

剛:それ面白いな~取扱説明書って

紅白歌合戦の話から、思わぬ方向に話が進み盛り上がった2人。その後もこういった“あるあるネタ”でトークが進み、「イベントでやろうか」といった話も飛び出していた。