声優・古谷徹が「当分引退出来ない」と語る理由

2019年01月14日 11:40

 

2018年12月27日(木)深夜放送のニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』に、アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイ役などで知られる声優の古谷徹が出演し、声優活動を引退出来ないある理由を明かした。

TVアニメ『機動戦士ガンダム』が2019年で40周年を迎えることを記念し、先日行われた40周年記念プロジェクトの発表会にて『機動戦士ガンダム00』の舞台化、2020年夏に実物大ガンダムの横浜で公開、2019年から2020年にかけて『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』など5つの作品の展開などの発表、さらにそれを記念してアニメ専門チャンネル『アニマックス』にて2019年1月1日(火)~3日(木)に『機動戦士ガンダム』TVシリーズ全43話の一挙放送が行われるなど、大きな盛り上がりを見せている。

古谷にとって52年に及ぶ声優活動の中でも、代表的な役となった機動戦士ガンダムの主人公アムロ・レイ役。しかし、アムロ・レイ役以外にも多数の人気アニメキャラクターを演じてきた古谷だからこそ、引退出来ない”ある理由”が存在するという。

吉田尚記アナウンサー:これまで古谷さんが担当してきたアニメのキャラクターって『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ役もそうですし、『ドラゴンボール』のヤムチャ役とか、『巨人の星』の星飛雄馬役だったり、『聖闘士星矢』のペガサス星矢役、『セーラームーン』のタキシード仮面役だったりとか、『ONE PIECE』のサボ役とか、『名探偵コナン』の安室透役とか、本当にすごいですよね

古谷:おかげさまで(笑) 強運です、僕は

吉田:全世代制覇ですよね

古谷:うーん、そうなりますかねぇ……

吉田:こんなに長く続けられるお仕事っていうのが、世の中に中々無いと思うんですよ

古谷:本当はとっくに辞めている予定で、早く引退したいなぁって思っていたんですけど…… ここに来てそれこそサボとか安室透とかっていう素敵なキャラクターと出会えちゃったんで当分引退出来ないなあと(笑)

吉田:引退してほしいと思っている人は多分誰もいないんで、ぜひ続けて頂きたいと思います!

古谷:ありがとうございます、頑張ります(笑)

吉田:古谷さんって様々な世代で人気キャラクターの声優を担当されていますけど、何回モテ期が来てるんですか?

古谷:あー、今年は本当にモテ期ですね。安室透のおかげで

吉田:そうですよね

古谷:なんかTwitterのフォロワーも5万人ぐらい増えましたし、おかげさまでファンの皆さんとの交流のイベントもたくさん出来るようになったので

その後、安室透のキャラクターが演じられているのもアムロ・レイ役があったからこそと語った古谷。これから先、さらに新しい世代のために古谷がどんなキャラクターを演じていくのか、これからに注目だ。