平成最後の大晦日の夜、クミコがラジオで唄う!

2018年12月21日 05:00

 

月曜~金曜の午後6時~8時30分に半年間限定で放送中されている「オールナイトニッポンPremium」。12月31日(月)の放送は歌手のクミコがパーソナリティを担当する事が決定した。

クミコは、今年3月に最新シングル『最後だとわかっていたなら』をリリース。一篇の詩から生まれたこの楽曲は、ラジオでオンエアされると「大切な人を思い浮かべることができる」と反響を呼んでいる。原作である10歳の息子を亡くした米国人女性の詩『最後だとわかっていたなら』は、米同時多発テロの追悼集会で朗読され、世界中に広まった。日本でも東日本大震災発生後に多くの人たちに読まれることとなり、同じような悲しみを持つ人たちの間に大きな共感を集めている。縁あって今回この詩を元に歌詞構成され、曲が書き下ろされた。クミコの『最後だとわかっていたなら』は今年3月のリリース以降、全国のラジオ局でオンエアされており、自分の身近な人に寄り添う楽曲として取り上げられている。番組は、クミコが生放送で全国のリスナーにとっての今年1年の出来事を寄せてもらいながらお送りする。スタジオには楽器も持ち込まれ、クミコのスタジオライブも披露される予定だ。

様々な出来事があった2018年の大晦日の夜に、クミコのトーク、スタジオ生ライブと共に生放送でお送りする特別番組「クミコのオールナイトニッポンPremium」は、12月31日(月)午後6時からニッポン放送で生放送される。

【クミコ コメント】
平成最後の大晦日の「オールナイトニッポン」の生放送に参加できるなど、まったく夢のようです。思えば昭和の時代、リスナーの一人だった私が、こうして平成大晦日にマイクの前にいられるなんて、昭和の私に自慢してやりたいくらいです。ありがたいことです。そして、ふと思いました。大晦日にラジオを耳を傾けておられるのは、どういう方々だろうと。世の中じゅうが湧き立つような時間に、耳を貸してくださる方々は、どういう思いでおられるのだろうと。そして私のような者の声に、反応してくださる方はおられるのだろうかと。そう考えて参りますと、そこはただシンとした闇のように思えてきます。どこかで誰かと。どこかの誰かへ。様々な状況、様々な空気の下、その闇を抜けてツナガり、お話しできればいいなあと思いはじめました。一期一会のひと時を、ご一緒できればいいなあと思いました。不慣れな私ですが、スタジオでの歌も含め、皆さまにお楽しみいただけるよう努めます。どうかよろしくお願いいたします。

番組概要

■番組名:ニッポン放送「クミコのオールナイトニッポンPremium」
■放送日時:2018年12月31日(月)午後6時~8時30分 ニッポン放送ほか 一部時間帯 全国ネット生放送
■パーソナリティ:クミコ
■アシスタント:上柳昌彦アナウンサー
■番組メールアドレス:kumiko@allnightnippon.com
■ホームページ:http://www.allnightnippon.com
■番組ハッシュタグ:#クミコANNP