AKB48岡田奈々、実力でセンターを勝ち取った後輩の技量を絶賛

2018年12月05日 11:50

 

11月21日(水)深夜、ラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に、岡田奈々(AKB48・STU48)、向井地美音(AKB48)、今村美月(STU48)の3人が生出演。岡田が、「AKB48史上最高難易度“更新”のダンス」と言われる新曲『NO WAY MAN』での、後輩メンバーのパフォーマンスを絶賛した。

左から向井地美音(AKB48)、今村美月(STU48)、岡田奈々(AKB48・STU48)

15日、読売テレビ・日本テレビ系特別歌番組「ベストヒット歌謡祭2018」で、AKB48史上最も難易度の高いダンスの新曲『NO WAY MAN』が披露された。今回は、センター宮脇咲良と、その両サイドの矢吹奈子、本田仁美が、韓国で結成された日韓女性ユニット「IZ*ONE」の活動のため不在。その空いた3枠をかけた緊急オーディションが行われ、センターに今村美月、その両サイドには門脇実優菜(STU48)と谷川聖(AKB48)が選ばれた。オーディションでは振付師が直々に審査したこともあり、先輩メンバーである向井地や、STU48のキャプテンを務める岡田から見ても、彼女たちの技量は突出したものだったという。

岡田奈々:『NO WAY MAN』のセンターに、今村美月ちゃん、門脇実優菜ちゃん、谷川聖ちゃんが選ばれたということで、三人がすごかった! リハーサルをしたじゃない? その時も、ヤバいなって感じていたけれど、本番の気迫も凄かった!

向井地美音:ね!

岡田:私は(谷川)聖ちゃんの後ろいたけど、凄い。本番になった時のオーラと気迫が違いすぎて

向井地:テレビではあれ(ベストヒット歌謡祭2018)が『NO WAY MAN』の初披露だったけど、三人がいてくれる安心感が凄かった

岡田:(センターを務めた今村に向かって)プレッシャーは感じていた?

今村美月:そうですね、皆さんと合わせる時があんまりなくて、練習は一回やったくらいだったので。あとは三人で練習をしたり、個人個人が毎日動画を撮ってそれを先生に送ったりして。だから、全員で合わせたらどうなるんだろう、自分が邪魔にならないかな、って気持ちがあって

岡田:前にいる三人があれだけうまくて迫力があると、後ろにいる私たちも自然に引っ張られるから

向井地:うんうん!

岡田:本当に凄かった。こうやって実力で前に出てきてくれるって嬉しい! 最近そういうことがよくあって、「歌唱能力ナンバーワン決定戦」とかね。みちゅ(今村)もエントリーしているよね?

今村:はい! 出ています!

岡田:こういう、実力で決めるようなことが最近は多いから

向井地:多くなってきましたよね

岡田:みちゅはダンスだけじゃなくて、歌もマジで上手いんですよ

向井地:聞いてみたい!

岡田:レコーディングスタッフさんのお墨付きがあるぐらい、安定した歌声なんです。それから、今回のセンターに選ばれた門脇実優菜ちゃんも歌が上手い。STU48は、宝の山!!