人気ロックバンド・WANIMA、番組担当スタッフとの別れに「寂しいですね」

2018年12月01日 22:31

 

11月24日(土)深夜、人気ロックバンド・WANIMAのKENTA、KO-SHIN、FUJIがパーソナリティを務めるラジオ番組「WANIMAのオールナイトニッポン 〜1 CHANCE NIGHT FEVER〜」が放送され、WANIMAの3人が、この度担当ディレクターが番組を卒業することになったことを受けて、共に過ごした日々の思い出を語った。

WANIMAの3人と鈴木賢一ディレクター

今回の放送をもって番組を離れることになったという、“ビーチ”こと鈴木賢一ディレクターは、これまで『ナインティナインのオールナイトニッポン』や『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』などを幾つものヒット番組を担当。WANIMAの番組に関しても、3年前に放送された、彼らにとって初めてのオールナイトニッポンである『WANIMAのオールナイトニッポンGOLD』から担当しており、それ以来ずっとWANIMAと共に番組を作ってきた。

今回の“卒業”を受け、WANIMAの3人は鈴木ディレクターをスタジオに呼び込み思い出トークを展開。鈴木ディレクターがこれまでにやってしまったという数々の失敗談で盛り上がっていたが、WANIMAが昨年さいたまスーパーアリーナにて行った初のワンマンライブ<JUICE UP!! TOUR FINAL>でもある失敗をしていたそうで、そのときの思い出を改めて語り合った。

鈴木:さいたまスーパーアリーナで、WANIMAのライブを楽しく観ていたんですけれども

KENTA:はい

鈴木:僕、気がついたらウトウトとしてしまって。バレないよなと思って

FUJI:これだけ広いからバレないだろうなと

鈴木:そう思っていたら、隣りにいた作家さんが写真を撮っていて、生放送中にTwitterにあげられるという

全員:あはは(笑)

FUJI:爆睡でしたよ、あれはほんとに

鈴木:ふっと、こう、記憶がね

FUJI:中盤ぐらいで、我々の『BIG UP』という曲で、天井から橋を下ろしたんですよ。そのあとに起きたビーチさんが、「あれ?あんな橋あったっけ?」って言ったという

KENTA:初のワンマンライブでね

FUJI:もうハチャメチャですよ

KENTA:そう考えると、(人事異動で)飛ばされるのが普通かもしれないですね

全員:あはは(笑)

卒業特有のしんみりしたムードにはならなかったものの、「寂しいですね」と心境を語った3人。思い出トークがひと通り終わると、3人は「お元気で!ありがとうございました!」と鈴木ディレクターを感謝の拍手で送り出していた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「WANIMAのオールナイトニッポン 〜1 CHANCE NIGHT FEVER〜」
放送日時:2018年11月24日(土)27時~28時30分
パーソナリティ:WANIMA(KENTA[Vo, B]、KO-SHIN[G]、FUJI[Dr])
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20181125030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/wanima/