乃木坂46三期生、先輩たちの卒業に「実感がない」

2018年11月21日 11:45

 

11月14日(水)、乃木坂46のニューシングル『帰り道は遠回りしたくなる』の発売を記念した特別番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・25:00~)が放送。乃木坂46の三期生・山下美月、梅澤美波がパーソナリティを務め、これから卒業する先輩メンバーへの思いを語った。

シングル曲『帰り道は遠回りしたくなる』は、11月いっぱいでグループを卒業する1期生の若月佑美と、年内に卒業を発表している西野七瀬にとってラストシングルとなる。同楽曲に選抜メンバーとして参加する梅澤と山下は、一期生や二期生について「先輩が作った地盤のおかげで自分たちが加入できた」と感謝し、間もなく卒業する西野と若月については“寂しいけれど実感がない”と語った。

山下:今回のシングルで、一期生の西野さんと若月さんが卒業されるわけですが……

梅澤:あんまり実感がないよね

山下:そうだよね

梅澤:最近は私も歌番組に出させてもらって、一曲一曲歌う時に“あと何回このメンバーで歌えるんだろう”って凄く考えて。先輩たちが凄く仲良しで、楽屋でわちゃわちゃと話している姿を見るのが好きで

山下:あの乃木坂感ね。あったかい雰囲気だよね。たぶん、どこのアイドルグループさんとも違う、学校のクラスの雰囲気とも違う独自の世界じゃん? あの空気って

梅澤:あれを永遠に見ていたいな、って思ってしまう

山下:うんうん

梅澤:振り付けでは、西野さんと若月さんを囲んだり、二列になった時に私は若月さんと前後の位置になるときがあって、そこで凄く泣きそうになる。いつも

山下:私も振り付けで、クルっと方向転換すると若月さんがいつもいて、その若月さんの顔を見るのが凄く幸せ。でも今は実感がなさ過ぎて

梅澤:最近特に、頑張らなきゃなって思っている。今年に入って選抜に入らせていただいたり、個々のお仕事も増えたり。だから、どんどん力を付けてグループに貢献できる存在になっていかないと、って思う

また、初代センターとしてグループを牽引していた元メンバーの生駒里奈や今年12月15日で卒業する予定の能條愛未との思い出、間もなく加入する四期生についても語っていた。

なお、この日のニッポン放送では『乃木坂46・1ナイトジャックスペシャル』と題して、「ミュ~コミ+プラス」(24:00~24:53)には鈴木絢音と佐々木琴子、「乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)」(27:00~28:30)にはパーソナリティの新内眞衣に加え、和田まあや、伊藤かりんがゲストとして登場。この「乃木坂46のオールナイトニッポン」にも、番組前半に鈴木絢音と佐々木琴子が、番組後半に新内眞衣、和田まあや、伊藤かりんがゲスト出演した。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」
放送日時:2018年11月14日(水)25時~27時
パーソナリティ:乃木坂46(山下美月、梅澤美波)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20181115010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/