宇多田ヒカル7thアルバム「初恋」 プレミアム必至のアナログ盤の発売が決定

2018年08月20日 06:50

 

宇多田ヒカルの7thアルバム「初恋」の、シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤の発売が決定した。

6月27日に発売され、好調なセールスを見せている宇多⽥ヒカルの7thオリジナルアルバム「初恋」。8/13付オリコン週間デジタルアルバムランキング(集計期間:7月30日〜8月5日)では通算5度目の週間デジタルアルバム1位となり、「女性アーティスト最多1位獲得週数記録」を更新。また、レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2018年7月度(2018年8月1日発表)アルバムランキングでも首位を獲得。moraの月間アルバム総合ランキングでも二か月連続で1位を獲得。さらには7/23付(集計期間:2018年7月9日~7月15日)のビルボード総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”および”Download Albums”でも、3週連続で総合首位を獲得。パッケージCDに関しても、発売から7週連続オリコン週間CDアルバム・ランキングTOP10入りを果たした。

そして8月17日からはアルバム「初恋」収録曲『Good Night』が主題歌をつとめるアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』が全国ロードショースタートするなど、ロングセールスの兆しが出てきている。

そんな中、発売以降多くのファンからリクエストに応え、アルバム「初恋」のシリアルナンバー入り生産限定アナログ盤の発売が決定。発売日は11月から始まる約12年ぶりのコンサートツアーに合わせて、11月7日(水)(実際はツアー初日の11月6日(火)の入荷日(フラゲ日)に入手可能)。アルバムのアナログ盤の発売は、2002年に発売された「DEEP RIVER」(3rdアルバム)以来、約16年ぶり。CDマスタリングを手掛けた名匠ボブ・ラディックが全幅の信頼を寄せるカッティングエンジニア、クリス・ベルマン (Bernie Grundman Mastering Hollywood)を起用、アナログレコードならではのリッチな音質を最大限に活かすための2枚組仕様になる。ジャケットにはシリアルナンバーを入れ、アナログジャケットサイズのブックレットを封入。まさにプレミアムなファン必携のアイテムとなっている。

<宇多田ヒカル リリース情報>

「初恋」(読み:はつこい)
11月7日(水) 発売
シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤 ESJL 3094-5(2LP)
価格:¥5,000(税込) ¥4,630(税抜)
収録曲:
Disc 1 Side A
01. Play A Love Song (『サントリー 南アルプススパークリング』CMソング)
02. あなた (映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』主題歌/ソニー『ノイキャン・ワイヤレス』CMソング)
03. 初恋 (TBS系 火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』イメージソング)
Disc 1 Side B
04. 誓い (ゲームソフト『KINGDOM HEARTS III』テーマソング)
05. Forevermore (TBS系 日曜劇場『ごめん、愛してる』主題歌)
06. Too Proud featuring Jevon
Disc 2 Side A
07. Good Night (アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』主題歌)
08. パクチーの唄
09. 残り香
Disc 2 Side B
10. 大空で抱きしめて (『サントリー天然水』CMソング)
11. 夕凪
12. 嫉妬されるべき人生

◆シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤「初恋」購入はこちら
https://erj.lnk.to/Uz4mUWN

 

<ツアー情報>

『宇多田ヒカル CONCERT TOUR 2018』
日程:
11月6日(火)、7日(水) 横浜アリーナ OPEN 18:00/ START 19:00
11月14日(水)、15日(木) マリンメッセ福岡 OPEN 18:00/ START 19:00
11月22日(木)、23日(金・祝) 日本ガイシホール OPEN 18:00/ START 19:00
11月28日(水)、29日(木) 大阪城ホール OPEN 18:00/ START 19:00
12月4日(火)、5日(水) さいたまスーパーアリーナ OPEN 18:00/ START 19:00
12月8日(土)、9日(日) 幕張メッセ国際展示場 9〜11ホール OPEN 18:00/ START 19:00

宇多田ヒカルオフィシャルサイト www.utadahikaru.jp

<アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』>

8月17日(金)より全国ロードショー

【INTRODUCTION】
『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族』など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)。少年の一夏の成長を独特の世界観で瑞々しく描き、多くのファンに支持され続けている作品が、気鋭のアニメーションスタジオ・スタジオコロリドにより、この夏アニメーション映画として生まれ変わる。
監督は、「フミコの告白」で国内外の賞を多数受賞し、『陽なたのアオシグレ』でも第17回文化庁メディア芸術祭にてアニメーション部門の審査委員特別推薦作品に選出されるなど、アニメーション界で今最もその才能に注目が集まるクリエイターの一人、石田祐康。声の出演として、主人公アオヤマ君役に、オーディションで役を射止めた若手女優・北香那。そして、いたずらっぽい明るい一面と、ミステリアスな雰囲気を併せもつ“お姉さん”を、独自の存在感を放つ演技派女優・蒼井優が演じる。
無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる、“果てしない世界の謎”と“冒険”。
新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し色鮮やかに描き出す、心弾む青春ファンタジー映画が、この夏誕生。

【STORY】
小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、 学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったらどれほど偉くなるか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君を、 ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが現れ、そして消えた。アオヤマ君は、“お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。お姉さん”とペンギンの関係とは?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語が始まる。

オフィシャルサイト:http://penguin-highway.com/

TAGSタグ