欅坂46長濱ねる、“けやき坂46”在籍時代を振り返り「また一緒にやりたい!」

2018年06月27日 07:40

 

6月22日(金)深夜、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるがメインパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、以前欅坂46とけやき坂46の活動を兼任していた長濱が、けやき坂46時代の苦労と当時の心境を語った。

毎回欅坂46のメンバーの一人をパートナーに迎えてトークしていくこの番組だが、今回はけやき坂46(通称・ひらがなけやき)プッシュ月間ということで、けやき坂46から佐々木久美が登場。コーナー『けやき坂46の今まで、そして、これから』を展開した。

このコーナーは、けやき坂46にまつわるトークテーマをリスナーから送ってもらい、それについて2人が話していくというもの。新メンバー加入や武道館公演、舞台、2期生加入、そして初めてのアルバムリリースなど、目まぐるしく変わっていくけやき坂46の過去と未来について、2人が語っていった。

いろいろなテーマが届く中、昨年Zepp名古屋にて行われた、けやき坂46ライブに関してのメールを紹介。この公演は、当時欅坂46とけやき坂46の活動を兼任していた長濱にとって、欅坂46に専念することを発表する前の“けやき坂46メンバー”として実質最後の公演となったが、長濱はそのときの心境について改めて語った。

佐々木久美:(メール)「去年のZepp名古屋の公演で、ねるちゃんが涙を流していたのが今でも印象に残っています。今思えば、あのライブがけやき坂46単独ライブの、ねるちゃんにとって最後のライブだったと思うのですが、どういう思いでステージに立っていたのかよければ教えてください。」

長濱:あのときは、そのライブがけやき坂46最後のライブになるとは1ミリも思ってなかったから、今思うと寂しくなるけど。でも、けやき坂46単独ライブをあのとき初めてやらせてもらったじゃん?

佐々木久美:そうだね。

長濱:いろいろなドラマをやっていた時期があって、上手くできない自分が歯がゆくて。でも大阪に名古屋って公演を重ねていくうちに、仲良くもなってきたしね。

佐々木久美:そうそう、楽しかったよね。あのツアーですごくみんなの仲が深まった気がするから。でもねるは、(忙しくても)次の日になると必ず(歌や振りを)覚えてきていてすごいなと思った。

長濱:いやいや。こういうグループのダンスとかってさ、1人いないだけで全然違うじゃん。みんなの立ち位置とか抜けとか微妙に変わってくるし。レッスンに出られないって、一番みんなに迷惑掛けちゃうことだから。

佐々木久美:本番では完璧だったよ?

長濱:じゃなかったんだよ~!(笑)

佐々木久美:あはは(笑)またやりたいよね~一緒に。

長濱:うん、やりたいやりたい!

昨年9月をもって欅坂46に専念することになった長濱だが、プライベートでけやき坂46の楽曲を踊っていることもあるそうで、「また一緒に」という佐々木久美の呼び掛けに「やりたい!」と笑顔で応えていた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」
放送日時:2018年6月22日(金)24時20分~24時40分
パーソナリティ:欅坂46・長濱ねる
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180623002000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/keyaki/