日本一のラッパー&DJ、ライブに来てくれたラジオリスナーに感謝

2018年06月19日 07:10

 

6月12日(火)、日本一のラッパー・R-指定と、超絶的なテクニックをもつターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で、2人がライブ会場に来てくれたラジオリスナーに感謝の言葉を伝えた。

現在、ワンマンツアー『クリープ・ショー 2018』を開催中のCreepy Nuts。6月8日(金)にはツアー初日となるライブが神奈川県の川崎クラブチッタで行われ、この日の放送ではリスナーからそのライブに参加してきたという感想メールが送られてきた。

しかしそのメールは「R-指定は水を美味しそうに飲んでいた。DJ松永はターンテーブルを回していた」というだけの、ライブ自体の印象が薄かったのではないかと疑われる内容。しかしどんな形であれ、ラジオリスナーが会場まで足を運んでくれたことに、2人とも非常に嬉しい気持ちがあるようだ。

R-指定:水を飲んだり、ターンテーブル回したり以外にも色々してたけどな(笑)

DJ松永:あはははは

R-指定:フリースタイルでラップしたり、お客さんを飛跳ねさせたり。

DJ松永:いっぱいしましたよね

R-指定:あれだけ頑張ったのに、頭に残るのが水飲んだりターンテーブル回したりなんだ(笑)

DJ松永:ね、ライブは1時間半ぐらいありましたけど、R-指定さんに関しては演奏してるとこは全く言及されてないですもんね(笑)

R-指定:歌ってたぞずっと(笑) でも来てくれたのはありがたいですからね。

DJ松永:ありがたい!ラジオ聴いてる人が来てくれたんだなっていうね。

R-指定:本当に嬉しいですよ!

DJ松永:会場では、ラジオで出てきたワードを叫んでる人も何人かいて。

R-指定:ね!来てくれてるんだなって思ったね!

DJ松永:ちょっと恥ずかしいと思ったけどね(笑) なんだろうね、ラジオでノリで言ってる単語とかを、ここでゲラゲラ喋ってる分には良いんだけど、シラフの状態で聞くと急に恥ずかしくなる。自分で喋ったことなのに(笑)

R-指定:やっぱギャップもあるんじゃない?さっきまでめちゃくちゃ格好つけて「飛び跳ねろー!」ってやってたのに、急にラジオのワード入って「それはね、俺らがラジオで言ってるね、あのね(笑)」とか。

DJ松永:恥ずかしい!(笑)

R-指定:あはははは(笑)

DJ松永:あと、大きな問題があって、ラジオを聴いてない人はマジで意味分からないっていう(笑)

R-指定:そうだな(笑)

ラジオのリスナーがライブに来てくれることは非常に嬉しいこととしながらも、ラジオで生まれたワードをライブで出されると、途端に恥ずかしくなってしまうと語った2人。Creepy Nuts ワンマンツアー「クリープ・ショー 2018」は11月まで行われ、東京では10/24 (水) Zepp Tokyoにて開催される。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日時:2018年6月12日(火)27時~28時30分
パーソナリティ:Creepy Nuts(R-指定、DJ松永)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180613030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/creepynuts/