オールナイトニッポンi

Webラジオ&Web動画配信サービス「オールナイトニッポンi」のニュース記事です。

話題の映画『レディ・プレイヤー1』に思うネタバレの重要性!?

2018年05月16日 07:20

 

4月26日(木)、Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」第39回が配信され、現在、世界中で大ヒット中の映画『レディ・プレイヤー1』と、作品を語る上で欠かせない“ネタバレ問題”について語っている。

『レディ・プレイヤー1』は、スティーブン・ スピルバーグ監督の最新作。舞台は2045年。実生活と共に、“オアシス”という名の仮想現実の空間が確立されており、現実社会で辛い思いをしても“オアシス”に行けば理想の人生を楽しむことが出来るという世界。劇中では、“オアシス”の創始者が隠した3つの謎を解けば、その運営権と莫大な遺産を手に入れることが出来ることから、世界中のゲーマーが謎に挑戦する」というストーリーだ。

この作品を試写会で鑑賞したというコトブキは「今年観た映画の中で最も驚きがあった」と絶賛。しかし同時に「観終わった瞬間、作品が持つ特性から、内容についてどこまで話してよいのか非常に悩んだ。映画の宣伝担当の方は『ある一点を除いて全部話して大丈夫』と言ってくれたが、今回はあえて『レディ・プレイヤー1』の作品批評をするのではなく、映画など作品を語る上で避けて通れない“ネタバレ”について自分の考えを伝えたい」と語った。

「SNSの時代、“ネタバレ”についてはいろんな意見があり、全く知りたくないという人も多いと思う。しかし、日本人の平均では一般的に劇場で映画を観る回数は年間で1回から2回。映画を好きな人は宣伝内容に関わらず劇場に足を運んでくれる。しかし、劇場で映画を観る習慣がない90%以上の人に対しては、作品のネタバレをすべて隠したままだと何もひっかからないまま終わってしまうのも事実。」と語る。

また、「ネタバレを指摘する人は自分で作品を体験したい本当の映画好きもいるが、その多くは、ネットで情報だけを拾って文句を言うけど、結局は劇場に足を運ばない人なのかもしれない。」と分析した。

「『レディ・プレイヤー1』は、CMなどを見る限りでも、多くの有名キャラクターが登場しているのがわかる。しかし、仮にこの“ネタバレ”があったとして十分楽しめる作品なのは間違いない」とコメントしている。

Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi(第39回)」は、期間限定で無料で聴くことが出来る。

【タイトル】コトブキツカサのオールナイトニッポンi
【メール】 kotobuki@allnightnippon.com
【ハガキ】〒100-8439 ニッポン放送 『コトブキツカサのオールナイトニッポンi』係
【配信日】毎週木曜日
【第39回URL】https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_kotobuki_039

TAGSタグ