JAM Project、世界各国で経験したハプニングとは

2018年05月09日 07:10

 

5月2日(水)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、水曜日1ヶ月限定アシスタント:i☆Ris・芹澤優)に、アニソン界を代表する実力派シンガーが集結したスーパーユニット・JAM Projectの奥井雅美ときただにひろしが出演し、海外でのライブ事情について語った。

影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹というアニソン界のレジェンドとも言える5人が集結したスーパーユニット・JAM Project。国内のみならず、国外でも多くのファンを持ち、これまでに数多くの海外公演も成功させてきた彼らだが、行く国によって、様々なハプニングも経験してきたという。

吉田:本当にJAM Projectって世界中で聴いてる人がいますよね。

きただに:こんな時代になるとは思わなかったですよ。

吉田:そうなんですか?

きただに:歌い出した頃、30年前とかそのぐらいの時って(想像していなかった)。アニメソングを歌っているからこそ、いろんな所に行かせてもらって。

吉田:世界中に行ってて。ワールドツアーが行われたところの国を挙げていくと例えば、台湾、ブラジル、アメリカ、韓国、中国、メキシコ、フランス、スペイン、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリみたいな。

きただに:おお~!

吉田:これだけ行くと大変だったりはしないんですか?

奥井:色々ありますよ、食べ物とか。きただにはお酒が好きだから、いつも酔っ払って楽しそうなんですけど(笑)

きただに:僕は基本的に大丈夫です(笑)

奥井:ブラジルとかだったら、すごいのんびりしたお国柄だったりして。1回、私たちの前の人たち(出演者)が2時間とか押して、いろんな南米の国の人たちがバスで来られてたんですけど、帰らなきゃいけない時間になって、私たちが演る時間には帰っちゃったんです(笑)

芹澤:ええ~!!

きただに:あったねー!

奥井:やっぱり勝手が違うとかあるよね。

きただに:あとこの前、UAE行った時に指を差しちゃいけないとかね。

奥井:そういうのはあるよね。

きただに:国によってやっぱりいろんなものが。

芹澤:むずかしい~!!

海外公演を多数こなしているからこそ、その国によって、様々なことが起こるという奥井ときただに。ただ、海外でもJAM Projectが歌う曲を観客がみんな知っているのが嬉しいらしく、特にアニメ『ONE PIECE』や『ドラゴンボール』の知名度の高さには驚かされると語った。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日時:2018年5月2日(水)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180503000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/