欅坂46・長濱ねる、デビュー3年目への意気込みを語る

2018年05月04日 07:40

4月27日(金)深夜、アイドルグループ・欅坂46のメンバーがパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、4月に行ったデビュー2周年記念ワンマンライブを振り返り、その反省と意気込みを語った。

毎回メンバーの1人をパートナーに迎えてトークしていくこの番組だが、今回は齋藤冬優花が登場。番組に届いた普通のお便り、通称“ほしおた”を紹介するコーナーを2人で展開した。

今回は、欅坂46が4月6日(金)~8日(日)に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて行った、 デビュー2周年を記念したワンマンライブ『欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE』の感想メールを紹介。3日間でのべ24000人のファンを熱狂させ、とても達成感を感じたという2人だが、2人の中の“ライブあるある”として、時間が経つにつれて「あの部分、もっとこうすれば良かった…。」という思いが徐々に出てくるというのがあるそうで、そういった反省や新たな意気込みなどを2人で熱く語った。

齋藤:今回さ、振りをもっと完璧に詰められたけど、ポジション変更とかあって、そこがいつもより疎かになっちゃって、あとから映像見ると「ここもっとできたなぁ」とか、時間が経てば経つほど出てきちゃって悔しくなる。

長濱:私もさ、最後お疲れ様会があって軽食とジュースをライブ3日目のあとにいただけるんだけど、もうそのときから私は自分が悲しくて。

齋藤:うん。

長濱:気持ちではめちゃくちゃカッコ良く踊りたいけど、でもダンスがやっぱり不格好でさぁ。

齋藤:いやいやいや(笑)

長濱:手足が短いのは変えられなくてさ(笑)

齋藤:あはは、一緒~!(笑)

長濱:なんかライブのたびに、自分が足引っ張ってるなぁっていうのを実感して。

齋藤:手足は私も一緒で。まず身長がほかの子に比べて低いから、踊りもちっちゃく見るし。

長濱:うん。

齋藤:でも逆に身長が高い子に同じこと聞くと、その子たちはその子たちでめっちゃ悩んでて。

長濱:へぇ~。

齋藤:遅れて見えるんだって、手が。

長濱:あ、長いがゆえに?

齋藤:しゃがむときも、高さがみんなに合わせられないとか。みんな悩みがあるんだなぁと思って。

長濱:それぞれね~。なんかもっともっと、ライブがしたいって思った。いっぱいやりたい!

齋藤:あ~分かる。

長濱:欅がさ、一番伝えたい「歌詞」とか「ダンス」とか「パフォーマンス」がさ、ライブだと一番伝わるじゃん。

齋藤:うんうん。

長濱:ステージの後ろ(の大型ビジョン)にも歌詞が流れてて、「改めていい歌詞だなって思ったよ」という声もいただいたりするとさ、ライブってやっぱりいいな~って思うよね。

齋藤:来れなかった方もいるからね。

長濱:そうそう、今回は東京で3日間だったけど。もっと全国回れるようになりたい。

齋藤:私、47都道府県回りたい!

長濱:いいね~!

自分たちのパフォーマンスを1つ1つ反省しながら、より一層の輝きを求めて前進していく欅坂46。今年で活動3年目を迎え、さらなる躍進を遂げていく彼女たちから、今後も目が離せない。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」
放送日:2018年4月27日(金)24時20分~24時40分
パーソナリティ:欅坂46・長濱ねる
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180428002000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/keyaki/