欅坂46・長濱ねる、長崎と宮城の「方言ギャップ」に驚き

2018年04月20日 12:50

 

4月13日(金)深夜、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるがパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、ゲスト守屋茜の地元・宮城をリスナーに深く知ってもらうための企画が展開された。

この番組、通称“こち星”は、4月からネット局が増え、長濱の地元・長崎のNBC長崎放送と、守屋の地元・宮城のTBC東北放送でも放送を開始した。自分たちの地元で番組が聴けるようになったことを記念し、今回は、『TBC東北放送ネット開始記念!宮城が好きだっちゃ!宮城出身・守屋茜先生の 宮城県教室!生徒・長濱ねる!』という企画を展開。こちらは、守屋が先生、長濱が生徒となってリスナーから届いた宮城のマメ知識を紹介していく企画となっており、宮城への理解を深めていくという趣旨で行われた。

宮城に住むリスナーから普段当たり前にやっていることが次々と寄せられ、守屋は地元民として激しく共感。しかし、それらが実は長濱の住む長崎では全く違うやり方だという、“地域ギャップ”が次々と判明した。

長濱:(メール)「宮城県では、親指に穴の開いた靴下のことを“おはよう靴下”と言います。秋田から宮城に来たバイト仲間に、あれ?今日おはよう靴下だね。と言ったら笑われながら、何ですかそれ?と言われました。」これホントですか?

守屋:うん、あのね。私は使ったりしないけど、学校で言ってる子はいた。

長濱:言うんだ。ちなみに長崎ではね、“ジャガイモ”っていうの。あ、ジャガイモできとるやん、って言う。

守屋:なんで?(笑)

長濱:なんかおはよう靴下の方がちょっとオシャレ感あるね(笑)都会感あるよ。

守屋:待って、ジャガイモって言わなくない?(笑)

長濱:めっちゃ言うよ。

守屋:地域によって違って面白いね、こういうの。

長濱:続いてのメールです。「授業の始まりが、『起立、注目、礼、始まります』。ほかのところでは、『起立、礼』らしいです。」

守屋:えっ、えっ、えっ!ほかのところでは、起立、礼、なの!?

長濱:起立、気をつけ、礼だな、長崎は。注目はせん(しない)。

守屋:ウソ~!待って、それが普通だと思ってたからさ。

長濱:何に注目するん?誰に対して(笑)先生に?

守屋:先生に…うん、先生に。

長濱:先生に注目!ってこと?

守屋:じゃないの?

長濱:あはは!面白い(笑)

守屋:それが普通だと思ってずっと生きてきたからさ、それが何に対して注目なのって言われるとさ。え~知らなかった!

長濱:すごいね、そんなことあるんだね。面白ーい。それが当たり前だったんだね。

守屋:うん、不思議だ~

当たり前だと思ってやっていたことが、地域によって差があると知って驚いた2人。次回4月20日の放送では、先生役と生徒役を入れ替えて、『NBC長崎放送ネット開始記念!長崎が好きばい!長崎出身・長濱ねる先生の長崎弁講座!生徒・守屋茜!』が行われる予定となっている。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」
放送日時:2018年4月13日(金)24時20分~24時40分
パーソナリティ:欅坂46・長濱ねる
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180414002000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/keyaki/