日本一のラッパー&DJ、“バイトはしていますか?”の質問に「なめられたもんですね(笑)」

2018年04月10日 12:10

日本一のラッパー・R-指定と、超絶的なテクニックをもつターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)が、4月3日(火)深夜に初回放送を迎えた。放送では、フリースタイル(即興ラップ)を披露したほか、ヒップホップに詳しくないリスナーからの素朴な質問に答えた。

ラッパーのR-指定は、勝敗の全てを観客が決定する日本最高峰のヒップホップイベント「ULTIMATE MC BATTLE」で大会史上初となる3年連続優勝を達成しており、DJ松永は驚異的なスキルを武器に各音楽シーンで活躍。業界屈指のスキルを持つ、この2人だからこそ実現できる唯一無二のライブパフォーマンスは注目を集め、2016年にリリースされた1st MINI ALBUM『たりないふたり』は大ヒットを記録。クラブやライブハウスから大型ロックフェスまで、シーンを問わず数多くの観客を魅了している。

ヒップホップシーンから、ニッポン放送のレギュラーパーソナリティーの座を獲得したのは、Creepy Nutsが歴代初のことで、初回放送内でも「リスナーやスタッフにも、ヒップホップの“誤解”を解いていきたい」と意気込んだ二人。

一般的にヒップホップは“不良文化から生まれた音楽”といわれていることから、ヤンキー、ストリート、怖い、働いていない……といったイメージが多いようで、番組にも早速『DJ松永さんは、バイトをしていないんですか?』というメールがリスナーから届いた。

DJ松永:なめられたもんですねえ(笑)

R-指定:言ってやって

DJ松永:お前(リスナー)がバイトしているんだろ?時給いくら?俺に攻撃してきているけど、結構な個人情報を渡していることを自覚しろよ。メールに書いてある番地、全部読み上げるからな!(笑)

R-指定:そうやなあ

DJ松永:俺はやる男だ。気を付けろ

R-指定:やるなよ?(笑)

DJ松永:まあ、バイトはしていないんですよ

R-指定:松永さんは大丈夫だけど、俺はまともにバイトができないから

DJ松永:R-指定はバイト経験ほとんど無いからなあ

R-指定:お金が無くなったら、MCバトルの賞金とか、奨学金を食いつぶしていた

DJ松永:くずカス(笑)

R-指定:だから、漫画の『カイジ』を読んでいても他人事には思えなくて。俺が年末の大きい大会に出場して優勝した時、松永は泣いていたけれど、俺は『来年も優勝賞金で生きられる……』って思ってしまって泣けなかった

DJ松永:そんな人、応援したくない(笑)

世間やリスナーのイメージとは違い、「音楽だけで飯を食っている」と明かしたDJ松永。また、ヒップホップ用語の説明や、そのカッコいい使い方なども紹介したほか、『“尿道炎、切れ痔、早漏”のワードを使って、即興(ラップ)を作ってほしい』というリスナーからの無茶な挑発にも、R-指定が難なく応じ「3回優勝しているからな」「かかってこいよ(笑)」と余裕をみせた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:2018年4月3日(火)27時~28時30分
パーソナリティ:Creepy Nuts(R-指定、DJ松永)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180404030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/creepynuts/