スクールウィズ

Webメディア「allnightnippon.com」が、日本最大級の留学情報サイト「School With」と連携!英語留学を目指す方々を応援します。期間限定で無料会員登録した人に最大4週間の留学が当たるチャンス。

どうしても英語をマスターしたい人におすすめの英単語帳『DUO3.0』とは

2018年02月28日 12:00

英語を勉強しようと思いつつ何も動けていない人や、でもどうやったら良いんだろうと悩んでいる人もきっと多いはず。そんな方に向け、実際の声を通して、語学や留学、海外の魅力を伝えていく企画をお送りします。Webメディア「allnightnippon.com」と、留学・語学学校の総合サイト「School With」が協力し、新連載でお届けしています。

第8回のテーマは「英語の勉強方法」。英語でいい点を取りたい、海外で活躍できるようになりたい、そう強く思っていても実際は結果が出ず、モチベーションも下がり、『自分は英語が苦手』と思っていませんか?努力せず英語が得意になる手段はありませんが、勉強方法を間違えず、毎日きちんと取り組めば必ず英語は上達します。今回紹介する英単語帳『DUO(デュオ)3.0』は、非常によく作られていて、高校生から大人の英語学習者まで絶大に支持されています。そんな英単語帳『DUO3.0』を使った勉強方法をYuzuru Suzukiさんにお聴きします。

●DUO3.0の人気の秘密

なぜ『DUO3.0』がベストセラーになるぐらいの人気があるのでしょうか。その秘密は大きく分けて2つ。1つは、現代英語の「重要単語」1572語と、「重要熟語」997語を重複せずに560本の英文にまとめられていることです。一般的な英単語帳は、覚える語数と同数の例文があります。つまり、2600単語があるとすると2600本の英文があります。しかし、『DUO3.0』は勉強の効率を追求しブラッシュアップした結果、560本の英文に抑えられました。ですので、たった560本の英文をマスターするだけで、「熟語集1冊分の熟語」が完全にマスターできます。

2つ目は、例文の内容が非常に特徴的で、単語も連鎖的に覚えられます。『DUO3.0』の例文はストーリーやキャラクターに工夫がされており、内容が頭に入りやすく、単語を連鎖的に覚えることができます。

例えば、
A woman passed by me giving off a subtle scent of perfume.
It reminded me of my ex-girlfriend.
香水のほのかな香りを漂わせながら、一人の女性が僕の前を通り過ぎた。
前の彼女のことを思い出してしまった。

この例文だけでpass by, give off, subtle, scent, perfume, remind ,ex-の単語を覚える事ができます。非常に印象的な文章で、こういった記憶に残る例文ばかりが紹介されています。

●DUO3.0で到達できるレベルは?

DUO3.0の到達可能レベルは、
・TOEIC:600〜780点
・偏差値:58〜65
・TOEFL:60〜90点
・英検:準1級
と、大体の人が目指すレベルに辿り着けるようになっています。

●DUO3.0教材の種類

DUO3.0シリーズには全部で4つ。
(1)単語帳

(2)DUO3.0/CD基礎用
見出し英文和訳→見出し英文(スロースピード)→見出し語→見出し英文(ナチュラルスピード)という順で音声が流れます。DUO3.0を使った学習に必須の教材です。

(3)DUO3.0/CD復習用
DUO3.0に収録されている全560本の英文がナチュラルスピードでひたすら流れるCD。60分で完了するような設計になっているので、1時間で2600語を復習できます。ただ最初からある程度語彙力があったり、英語の音に慣れている必要があり、レベルは少し高めです。ある程度の学習が終わったら購入を検討していいと思います。

(4)DUO3.0/ザ・カード
DUO3.0の例文がカードになっています。個人的には購入しなくても良いかな、と思っています。黙読してカードを覚えているだけでは音声を活用しないことにも繋がり、DUO3.0の良さが半減してしまうからです。

今回紹介する勉強法では、(1)単語帳、(2)DUO3.0/CD基礎用が最低限必要となります。

●『DUO3.0』の学習スケジュール

1日1〜3セクション進めて、3ヶ月以内に1周するようにします。時間がある人はどんどん先に進んで構いません。
月: Part1, Part2, Part3
火: Part2, Part3, Part4
水: Part3, Part4, Part5
木: Part4, Part5, Part6
金: Part5, Part6, Part7
土: Part6, Part7, Part8
日: Part1〜Part6の復習
人間は忘れる生き物ですから、このように、1Partあたり3日+1日のようなスケジュールで復習を欠かさずすることが大切です。思い出した回数によって記憶の定着率が変わってきます。思い出す回数を増やしてください。

●具体的な『DUO3.0』の使い方

必ずオーバーラッピングやシャドーイングをしてください。オーバーラッピングとは、英文スクリプトを見ながら音声に合わせて発音すること。シャドーイングは、英文スクリプトを見ずに音声をきいた後少し遅れて発声することです。音を真似て発音することにより、発音、イントネーション、アクセント等を次第に再現できるようになります。「自分で発音できる=聞き取れる」なのでリスニングの向上にもつながります。語学学習は勉強ではなく、正確には練習するものです。よく、『声を出すのはちょっと……』と恥ずかしがり発音練習を避ける人がいますが、声に出すスポーツ的要素が、英語学習には必要不可欠です。

具体的には、
(1)例文を眺めて、セクションの見出し語を予め確認しておきます。

(2)基礎CDは「見出し英文和訳→見出し英文(スロースピード)→見出し語→見出し英文(ナチュラルスピード)」の順で再生されますので、
・見出し英文(スロースピード)→シャドーイング
・見出し英文(ナチュラルスピード)→オーバーラッピング
をして、その工程を10回前後繰り返します。
流暢に英文を発音できるように真似ること、英文からシチュエーションをイメージすることに意識してください。

これらを日々継続することで、英語学習をするという行為が非日常から日常に変わった瞬間、英語力は格段にアップしているはずです。『DUO3.0』は勉強法さえ間違えなければ、非常に効率よく、自分のレベルに合せて勉強できます。英語が出来ずもどかしい思いをしている人、試験で悔しい思いをした人、もう英語の勉強を諦めようと思っている人、ぜひもう一度気持ちを奮い立たせて英語と向き合ってみてください。

School Withでは留学先としてフィリピン、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、マルタなど合計8カ国を扱っています。カリキュラムや費用、留学経験者の口コミなどの情報提供、留学地を選ぶ診断コンテンツや各種人気学校ランキング、 そして専門カウンセラーによる個人・法人の留学相談を通して、一人ひとりにベストな留学を応援しています。

取材・文:Yuzuru Suzuki
※留学・語学留学の総合サイト「School With」内「留学ブログ」より

Webメディア「allnightnippon.com」では、日本最大級の留学情報サイト「School With」と連携し、英語留学を目指す方々を応援しています。今なら期間限定で無料会員登録した人に最大4週間の留学が当たるチャンス。詳しくは、「School With留学応援キャンペーン」サイトをご覧ください。

<School With留学応援キャンペーン概要>
応募期間:2018年1月15日(月)~2018年2月28日(水)
応募URL:https://schoolwith.me/campaigns/allnightnippon

<関連LINK>
■School With
“一人ひとりにベストな留学選びを”をコンセプトとした日本最大級の留学情報サイト。世界32ヶ国4000校の語学学校の情報を掲載し、約5000人の留学経験者の口コミを公開中。国別・都市別の人気校ランキングや学校診断コンテンツ、毎週の留学説明会や留学カウンセリング、メール相談も希望者向けに実施しています。
https://schoolwith.me/

TAGSタグ