ロックバンド・WANIMA、100回目を迎えた冠番組でファンに感謝

2018年02月22日 17:45

2月20日(火)深夜放送のラジオ番組「WANIMAのオールナイトニッポン0(ZERO)」で、パーソナリティのWANIMAが放送100回目を迎えたことを記念して、これまでの番組の思い出を振り返った。

番組冒頭から「祝、100回目です!」「100回を迎えられたのもリスナーさんのお陰ですよ」「凄いことですよ!僕らみたいなのが100回も重ねられて。ありがとうございます」と番組を聞くリスナーへの感謝の言葉が止まらないWANIMA。番組には全国各地のリスナーから大量のメールや手紙、差し入れが届き、こちらにもお礼を述べつつ、「1回目の思い出は?」「2回目の公開収録はいつですか?」「公開収録にFUJI君のお母さんも出てほしい」といった質問や要望に答えた。その中で、「100回の中でさまざまな“賞”を決めてほしいです。ハプニング賞、ゲスト賞、など。宜しくお願いします」といったリクエストも届き、WANIMAの3人がこれまでの放送を振り返った。

FUJI:ハプニング賞は?

KENTA:ハプニングはやっぱり、僕が喉を傷めてラジオを2回休んだ時の回。2人だけ(KO-SHINとFUJI)のラジオは、ある意味ハプニングでしたねえ

FUJI:放送事故のようだった

KO-SHIN:終始ハプニングだった

KENTA:2人だけのラジオでは、あれだけ喋っていたのに、戻ってきてみたら全然喋らない!

FUJI:ほんと、いまは全然喋らないよね

KENTA:何でこんなにも変わるかなあ

KO-SHIN:他力本願だから

KENTA:『ケン戻ってきてー!』って言って

FUJI:『ケン、もう、無理ばい……』って言って

KENTA:いまは安心している

FUJI:ゲスト賞は?

KENTA:沢山いますからねえ。ゲストの皆さん、濃くて面白い方たちばかりでしたからねえ

FUJI:しいて言うなら、誰が一番印象に残っています?

KENTA:そうですねえ……。個人的に和牛さんのことが大好きだから、その時にライングループを作ってテンションが上がりましたねえ。もの凄く勉強になったのはブル姉さん(※女装家・ブルボンヌ)かなあ

放送100回の中で1番のハプニングは、FUJIと、普段は多くを語らないKO-SHINの2人で放送した回が選ばれ、そのときにKO-SHINが、メンバーも驚くほど喋ったことが印象的だったと話した。

また、次週2月27日(火)の放送では、日ごろから応援してくれているリスナーへ、最大級の感謝の思いを込めたスペシャル企画が2つ行われる。1つは、「KO-SHINの家族になろうよ」と題し、WANIMAのギター・KO-SHINが“家族の味”を振舞ってくれるリスナーの家を訪問する。そして2つ目は「グッズ争奪、WANIMAのオールナイトニッポン0クイズ」と題し、これまでの『WANIMAのオールナイトニッポン0』を聞いているリスナーならば分かるであろう問題が出題され、クイズに正解すると「番組特製ステッカー」「番組特製タオル」「WANIMAのポスター」など、様々なグッズが贈られる。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「WANIMAのオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日時:2018年2月20日(火)27時~28時30分
パーソナリティ:WANIMA(KENTA[Vo, B]、KO-SHIN[G]、FUJI[Dr])
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180221030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/wanima/