クリープハイプ・尾崎世界観が語る、バンドマンのリアルな恋愛事情

2018年02月14日 23:00

 

2月13日(火)夜放送のラジオ番組『鴻上尚史のオールナイトニッポンPremium』に、ゲストとしてクリープハイプの尾崎世界観が登場。バンドマンの恋愛事情にパーソナリティの鴻上尚史が迫った。

尾崎といえば、2018年5月11日に4年ぶりとなる日本武道館公演を開催する 4人組ロックバンド・クリープハイプのボーカル&ギター。2016年に初小説『祐介』、2017年にエッセイ集『苦汁100%』を刊行。ミュージシャンだけではなく、作家としても大きな注目を集めている。

尾崎とは今回が初対面だという鴻上。今回ゲストに招いた理由として、クリープハイプの楽曲『ラジオ』を番組エンディング曲として流していること、そして鴻上の著書『孤独と不安のレッスン』を尾崎が書評していると知ったことを挙げ、「是非、お会いしたいなと思って来て頂きました」と語った。

また、小説『祐介』を読んだという鴻上は、「面白かったですね、本人前にして申し訳ないですけど」と感想を述べると、「すごい賛否両論がすごいんですけど…」と語る尾崎。鴻上が「どういう非難?」と聞くと、「よく分からないって人が多いですね。高校生ぐらいの女の子がお小遣いを頑張って貯めて買ったのに、こんなよく分からないもの買うんじゃなかったって。それが貴重な経験だと思うんですけど」と回答。それに対して鴻上は、「でもね、高校生無理でしょ。基本的に(内容が)純文学だから」と語った。そして話題は移り、恋愛についてのトークに。

鴻上:この番組でね、『救え!童貞猿』っていう、童貞をこじらしたやつの話をしているんですけど。そういう面で言うと、ミュージシャンって童貞猿って多いの?少ないの?

尾崎:いや~…あんまり周りにはいないですね

鴻上:いないよね。皆、モテるためにやってわけだもんね

尾崎:そうですね

鴻上:モテる?

尾崎:どうでしょうね?モテるのかな…

鴻上:モテるでしょ?

尾崎:でも、好きなんですって言われても絶対に手は出さないですけどね(笑)。文春砲にやられますから

鴻上:いやいやいや、(小説の)『祐介』は手を出してましたよ

尾崎:ああ、出してましたよね。ああいうところで欲を…。昔はありましたけどね、そりゃあ、はい…

鴻上:ははははは(笑)。言いましたね、正直に

尾崎:全然、はい…

鴻上:あら~。そうですね、まあ普通売れない時にはね

尾崎:はい

鴻上:でも売れないからこそ、余計、逆に可愛いっていうか。つまり…

尾崎:怖いことが結構あるんですよ。酔っぱらって、家とか行って。あっ!って気づいたら、そうかそういうことになったなと思って。帰る時とか、ウサギを飼ってたりとかしてその女の子が(笑)。淋しそうな子、怖いなと思ってちょっと

鴻上:ごめん、そのウサギ飼うことが怖いとは…

尾崎:なんか檻にウサギが、部屋の中の隅に一匹だけウサギが置いてあって

鴻上:なるほど

尾崎:可愛いでしょ?って言われて(笑)。いや、怖いなと思って帰ったのは覚えてます

鴻上:可愛いらしいじゃないですか

尾崎:いやなんか怖かったです、それは

鴻上:ウサギ?

尾崎:はい。朝方、暗闇の中にウサギが浮かび上がって

鴻上:目が光ってたりしたわけ?

尾崎:目が光ってたかもしれないですね(笑)

売れない時期の方が「(ファンと)関係を持つことが多いんじゃないですかね。距離が近いんで」と語った尾崎。さらに恋愛だけでなく「神様のようなお客さんがいましたね」と振り返り、『この日、ライブに来てくれませんか?』と言うと、『あのバンドの動員が厳しそうだから、行ってあげないといけないから無理』と断られたことがあると明かした。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「鴻上尚史のオールナイトニッポンPremium」
放送日時:2018年2月13日(火)19時~20時50分
パーソナリティ:鴻上尚史
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180213190000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/premium-kokami/