自分の殻を破るため、チョコを食べながら作ったアルバムとは?

2018年02月09日 16:00

 

2月6日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、火曜日レギュラーアシスタント:田所あずさ)に、佐賀県唐津市出身の女性シンガーソングライター・カノエラナが出演し、自身初となるフルアルバム製作時の苦労を語った。

これまでにインディーズでミニアルバムを2枚、メジャーデビューしてからさらに3枚、さらに30秒の楽曲を沢山詰め込んだ『30秒~カノエの楽しい歌日記~』など、6枚ものミニアルバムをリリースしてきたが、2月7日(水)には満を持して初のフルアルバムが発売となるカノエラナ。

元々、Twitter上にアップしていた30秒の弾き語り動画が話題となり、『30秒弾き語り動画の女王』と呼ばれていた彼女が初のフルアルバムを製作する際には、今までに経験したことの無い苦労があったそうだ。

吉田:今回、初のフルアルバムをリリースするって聞いて、「あれ?カノエラナちゃん、2年前ぐらいから、うちの番組来てくれてるよな?」って。曲の数もすごい多いから、多作な人だと思ってたんですけど。

カノエ:曲の数だけはめっちゃありますね。

吉田:それなのにファーストフルアルバム、何か違いはありましたか?

カノエ:これまで短い期間でミニアルバムをたくさん出して、「次フルアルバムね」って言われて、そもそもフルアルバムってなんだ?ってところから始まって(笑)

吉田:そうだよね(笑)

カノエ:「これまでのリード曲が半分入って、あとは新しい曲ね」って言われて、「ええ~!まだ作るの!?」ってなって(笑)

田所:うふふふふ(笑)

カノエ:「新曲も今に無い新しい曲で、殻を破って」って言われて、簡単に言うな~!と思ったんですけど、とりあえず破らなきゃ~!ってなって(笑)

吉田:とりあえず破ったんですね(笑)

カノエ:それで家にこもりました。

吉田:人によっては旅に出てますけどね(笑)

カノエ:それでチョコレートいっぱい買ってきて、私、曲作るときに甘いもの無いと全然脳みそ働かないので。

田所:へぇ~!

カノエ:それでずーっと曲作って、それでボツになり続けて「このヤロ~!」ってなりながらこのアルバムをツアー中に完成させるっていう。

田所:うわ~!お忙しい!

カノエ:いやぁ、このアルバムは色々詰まってますね(笑)

初めてのフルアルバムリリースに向け、忙しい合間を縫って新曲を作り続けたというカノエラナ。今回のアルバムのリード曲『サンビョウカン』が完成した時には、スタッフから「これは殻を破れている」と言われるなど、自分の中でも新しい発見が出来たアルバムとなっているそうだ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日時:2018年2月6日(火)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180207000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/