こちら「allnightnippon.com」編集部

【Web限定】allnightnippon.com編集部が、気になる人・場所・イベントに取材・インタビューしていきます。

乃木坂46・新内眞衣が衝撃のシノラー姿を披露!

2018年02月08日 13:45

2月7日(水)、東京グローブ座にて上演される舞台『続・時をかける少女』(2月7日~14日まで)の囲み会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本舞台の原作は幾度もテレビドラマ化・映像化され、世代を超えて愛されてきた青春SF小説『時をかける少女』(筒井康隆 著)の続編を筒井氏公認のもと、脚本家・石山透氏が創作したもの。

前作『時をかける少女』では、時空を移動するタイムトラベルの超能力を得て、未来人のケン・ソゴルに恋心を抱くものの、彼が未来に帰る際、彼に関わる全ての記憶を消されてしまった芳山和子。月日は流れ、高校生となった和子のもとに再びケン・ソゴルが現れ「未来から来た3人の科学者を一緒に探してほしい」と頼まれ、再び時空を超えることとなる、というストーリーだ。

1972年に『続・タイムトラベラー』として1度ドラマ化されたが、その映像が残っていないことから、往年のファンからは幻の名作とされていたが、この度、オールナイトニッポン50周年記念公演として、今やもっともチケットの入手が困難される人気劇団、ヨーロッパ企画・上田誠の脚本・演出にて初の舞台化となる。

囲み会見には主人公の芳山和子役を演じる上白石萌歌、ケン・ソゴル役を演じる戸塚純貴に加え、浅倉吾朗役の健太郎、玲子役の新内眞衣(乃木坂46)、恩田先生役のMEGUMI、脚本・演出の上田誠の6人が登場した。

今回の舞台が原作と違い、コメディ作品になった理由として脚本・演出の上田誠は、前作のラストで和子とケン・ソゴルが切ない別れをしたにも関わらず「またケン・ソゴルが戻ってくるという展開自体がコメディだと思った。なんでお前帰って来たんだ!というところから始まる劇になれば」とコメント。

そんな上田の思惑は舞台でも随所に現れているようで、2018年を軸に様々な時代にタイムリープする本作だが、見どころを聞かれた際に役者陣は、MEGUMI「竹の子族が出て来たところでヤバイなと思った」、健太郎「新内さんのシノラーが中々インパクトがあった」、上白石「カラーギャングが強烈でした」、戸塚「バブル時代に行ってみたいと思った」新内「60年代の新宿のザワザワしてる感じがすごかった」など、それぞれが思い思いの注目ポイントを語った。

稽古中の雰囲気も非常に和やかだったそうで、新内は乃木坂46の舞台公演以外では初めての舞台出演となるが、周囲の優しさに助けられ、非常に温かい現場だったことに感動したと語った。また、上白石は、まず即興劇(エチュード)をやり、セリフ通りでは無い自分の言葉でまず吐き出していくという上田のスタイルに、新鮮な気持ちで取り組めたという。

そのほかにも上田の独特な演出は様々な場面で垣間見えたそうで、MEGUMIは1度上田と食事に行ったそうなのだが、そこで上田が頭の中で考えていることを書き出した紙を見せられたというが、それが常人には理解出来ない暗号の様なものであったとか。さらに通し稽古のあと、出演者に4~5枚ものダメ出しが書かれた紙を渡したりしていたという。

会見の最後には上白石が「お客様1人1人がタイムトラベラーになれるような作品になっているので、みんなで一緒に時をかけられたら良いなと思っています」と締めくくった。

そして会見後に行われたゲネプロ(通し稽古)が報道陣に公開された。

前作『時をかける少女』での切ないラストシーンのあと、女子高生となった和子とケン・ソゴルが再び再会するシーンでは、舞台に設置された様々な仕掛けを使い、まるで上白石や戸塚が何人もいるかの様に錯覚させる驚きの演出も。さらに2018年の現代でのシーンでは、和子の同級生の男子である、バスケ部の吾郎を演じる健太郎は、長身を生かした、華麗なドリブルさばきも見どころとなっている。

1996年の渋谷にタイムリープしたシーンでは、新内が当時ブームを巻き起こした“シノラー”に扮したド派手な格好で舞台を駆け回る。

またバブル時代、1990年の六本木でのシーンでは、新内が今度はバブリーなファッションに身を包んだ”おやじギャル”となり、1人で立ち食いそば屋に行ったり、ゴルフの練習をしたりなど、場面ごとに振り切った演技を見せた。さらに、和子がディスコに潜入した際には就職活動の学生の囲い込みに巻き込まれてしまうが、ここではそれまでテレパシーで指示を出していたケン・ソゴルがバブリーな出で立ちで救出する場面も。

この他にも様々な時代を駆け巡り、数々の謎が重なりっていく本作。上田誠が「完全に時をかけている作品」と自信を見せる舞台『続・時をかける少女』は2月7日(水)〜14日(水)まで東京グローブ座にて、2月17日(土)には大阪の森ノ宮ピロティホールで上演される。

取材・文:関口勇斗
写真:allnightnippon.com 編集部 岩永史弥

オールナイトニッポン50周年記念公演 「続・時をかける少女」

<STORY>
主人公・芳山和子はクラスメイト深町一夫=未来人ケン・ソゴルと恋に落ち、彼の開発したラベンダーの香りがする薬で、時空を移動するタイムトラベルの超能力を得るが、ケン・ソゴルが未来へ帰る際、彼に関わるすべての記憶を消されてしまう…。それから月日が流れ、高校生になった和子の前に再び彼が現れ、「未来から来た3人の科学者を一緒に探してほしい!」と和子はケン・ソゴルと行方不明の科学者を捜索するはめに…。記憶を失ったはずの和子は、再びケン・ソゴルと時を超え、そしてもう一度彼に恋をする――。

■原作:「続・時をかける少女」(復刊ドットコム)
■脚本・演出:上田 誠(ヨーロッパ企画)
■出演:上白石萌歌 戸塚純貴 健太郎 新内眞衣(乃木坂46) 石田剛太 諏訪 雅 土佐和成 永野宗典 島田桃依 中山祐一朗 バッファロー吾郎A MEGUMI
■企画・製作:2018「続・時をかける少女」製作委員会(ニッポン放送/ぴあ/イープラス)
■日時・会場
[東京]2018年2月7日(水)~2月14日(水)東京グローブ座
[大阪]2018年2月17日(土)14:00 森ノ宮ピロティホール

● アフタートークスペシャルゲスト
・ 2月9日(金)19:00 三四郎
・ 2月11日(日)18:00 いとうせいこう

● アフタートークスペシャル回
・2月13日(火)14:00 上田誠&キャスト全員集合

■チケット一般発売開始日:2017年12月16日(土)AM10:00(東京・大阪共通)
■料金
[東京]全席指定 S席:7,800円 A席(3F):6,800円 学生シート:3,000円
[大阪]全席指定 7,800円
■チケットについてのお問合せ
[東京]チケットぴあインフォメーション TEL:0570-02-9111(10:00~18:00)
[大阪]キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888(10:00~18:00)
■公演についてのお問合せ
プラグマックス&エンタテインメント TEL : 03-6276-8443(平日11:00~18:00)
■公式HP:http://event.1242.com/special/zokutokikake/
■公式Twitter @zokutokikake
■舞台「続・時をかける少女」公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCiDoSGj8iAacyq50NzAjIWg

(C)2018「続・時をかける少女」製作委員会